【大学生の仮想通貨日記2】ポートフォリオ、今後の投資方針(銘柄)について

仮想通貨

皆さん今日もスマホやパソコンの画面に這いつくばってチャート眺めていますか?

アメリカの大学は今週一杯まで休みなので僕はずっとチャートと睨めっこです。

今日は仮想通貨をやり始めて約1ヶ月経ったので、ポートフォリオ公開と投資方針を紹介してみようと思います。例によってこのブログは仮想通貨ブログではないので、あくまでも自分のためのメモ用として記事を書きますので、ご了承ください。

注意

当記事は特定銘柄の買いや売りを煽る目的で書いておりません

投資は自己責任で、当記事も参考程度にご覧ください。責任は負いません。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin
スポンサーリンク

サクッとポートフォリオと資産推移を公開します

仮想通貨開始1ヶ月後のポートフォリオ

仮想通貨開始1ヶ月後のポートフォリオはこんな感じです。

保有銘柄はXRPとTRXです。割合で言うとXRPが87.242%、TRXが12.758%です。

12月前半まではXRPのみ保有していたのですが、途中で思わぬ収入が入ったのでそれをTRXに入れたって感じです。ちなみに使用取引所はコインチェックとバイナンスです。TRXに投資した理由はまた後で詳しく述べていきます。

バイナンスへの送金の際には、僕はXRP、いわゆるリップルを利用して送金しました。爆速ですね。XRPが銀行間の送金に使われると言われる所以がよくわかりました。これからもバイナンスへの送金は、XRPを利用しようと思います

Binance(バイナンス)への資金送金はリップル(XRP)が一番オススメ【方法紹介】

2018年1月5日

仮想通貨開始1ヶ月後の資産推移

僕はまだ大学生で、おまけに留学中でまとまったお金がありません。奨学金はもちろん授業料と寮費と生活費で全部消え、日本語クラスのチューターとして貰える、なけなしのアルバイト代しか仮想通貨には投資できません。

まあ金額が少なくて恥ずかしいので金額は隠しています、すいません。

さて話を戻しますが、開始1ヶ月で原資の約8倍です。仮想通貨って狂ってますね。もっと原資があれば・・・と思ってしまうのが人間の心理ですが、そんなこと考えたらキリないので考えないようにしたいですね。この調子で帰国までに就活資金でも貯められるといいなくらいで頑張ります。

今後の投資方針と通貨の展望

①XRP(リップル)について

まずはXRPについてです。こちらに関してはガチホですね。

XRPを最初に保有する銘柄に決めたのは、一番将来性があると見込んだから。というか一番使用目的が分かりやすかったんですよね。リップルに関してはインターネット上にたくさん情報があるのでここでわざわざ詳しく説明はしません。

まあ実際にXRPの送金を体験してみて、自分の読みは外れないなとも確信しましたが。

ここからは完全に僕の予想になりますが、リップルはおそらくここ一年でビットコインの時価総額を超えると思っています。でもその時価総額は重要ではないと思っています。

どこぞの誰かさんが仰っていますが、XRPが国際送金の市場規模に成長するには最低でも1XRP=1500〜2000円の価値が必要な訳です。(自分で計算した訳ではないので確証はしていませんが)

ただね、大手の銀行が買い込んだXRPはすぐ利用される訳ではないんです。これから先10年、20年のうちに銀行を支配することは間違いないと思うので、今年2018年に銀行がこぞって可能な限りXRPを買い付けると思っています、それもかなり競争的に

だから今保有しているXRPはガチホする訳です。ちょうど最近XRPガ400円タッチから200円台まで急落して狼狽売りしている人がいますが、それは調整でしょう。ビットコインにお金が流れていると思えばいいことです。それがアルトに流れてくる可能性もあるので。

②TRX(TRON)について

トロンは中華製だからとかスキャムだ!とか言われていますが、僕はそうは思いません。別に学歴が全てだとは思っていませんが、CEOのジャスティンは北京大学卒、ペンシルベニア大学で修士号、Jack Maとの交流、その他諸々輝かしい経歴があります。

スキャムである確率はかなり低いと思いますが・・・

ちなみにTRXは10円の時に仕込んでいます。ではなぜTRXを選んだのか。

皆さん17Liveってご存知ですか?

これは台湾で始まったライブ配信アプリです。まあニコ生とかツイキャスみたいなものと思ってください。

投げ銭制度もあって、かなりたくさんの女の子が稼いでいる訳です。

そしてこのアプリに群がる男は富裕層が多いそうです。テレビでは有吉ジャポンにも取り上げられていましたね。アメリカから拝見しました。

んで、僕が何をいいたいかというと、中華圏に限らず世界的にライブストリーミングでこれからかなり熱くなると見ています。だって皆さんよく考えてみてくださいよ、TwitterにもFacebookにもInstagramにもライブストリーミング機能があるんですよ。

僕はTRXがこのライブストリーミング市場で大きな存在感になると思っています。特に中華製のライブストリーミングアプリで使用される投げ銭はTRXが担うんじゃないかなと思います。※あくまで予想

今の所、中期〜長期で保有しておくつもりでいます。ジャスティンの発表次第では浮気するかもしれません。

あと今日のCEOのジャスティンの発表にもありましたが、

https://twitter.com/TronCommunity/status/949474811033595904

  • Tronは最低でも5社、将来的には500社と提携する予定
  • Tronは現在中国の大企業3社と提携している

らしいです。まあ一つ目に関してはかなり壮大な夢ですよね、将来的な話なんてなんとでも言えるのであまり気にしていません。

気になっているのは二つ目です。この提携先がアリババだったらかなり価値上昇が見込めますが、アリババとTronの市場は違うので可能性は高くない気がします・・・笑

ただし、ジャック・マーのことなのでわかりません。彼は常に勉強し続けている企業家ですから。もしかしたらが有り得ると思います。

スポンサーリンク

気になっている銘柄

これから先はまだ保有していないけど、次投資するならこれかなと思っている候補たちです。僕もまだまだ勉強中なので詳しくは述べません。

①ENG(Enigma)

まずはENGです(日本語だとエニグマでいいのかな?)

ENGとはなんぞやという方は日本語で軽くまとめられている(めちゃくちゃ適当だと思うけど)サイトがあるので、貼っておきます。外部リンクです。

僕がこのコインに興味がある理由をざっと述べると

  1. Binance銘柄であること
  2. ブロックッチェーンの問題点を解決しようとしていること
  3. 世界最高峰の大学MIT(マサチューセッツ工科大学)で研究が行われていること

が挙げられます。英語が読めるかたはぜひホワイトペーパーを読んでみてください。

僕もまだ勉強中なので明言することは避けますが、世界最高峰の知が集結しているのでスキャムである可能性は限りなく0に近いと思います。

②BNK(Bankera)

日本語のサイトもある、現在絶賛ICO中のコインです。

ICOなので注意が必要ですが、BNKが良いと思っている理由が

  1. ロードマップがしっかりしている
  2. アドバイザーが強い
  3. 従来の銀行を担う予定だから

特にアドバイザーについて触れたいのですが、あのロン・ウォンがいます。

BNKに投資をするならNEMも同時に保有しておきたいなと思います。

他にも数種類ありますが、今のところこの二つに絞っておきます。

種類が多くて大変だあ

仮想通貨の種類多すぎません?笑

これ全部勉強するのは無理だと思います。上場銘柄でなんとか攻めたいですが、BNKのようなICOにも少し興味があるんですよねー。

中には詐欺じゃね?と思われるコイン(TLCコインとかね)も多々見てきたので、皆さんもお気をつけて。とか言ってもADAとか上場しましたし、なんとも言えないのが仮想通貨界隈だと思いますけどw

最後にもう一度だけ、僕はインフルエンサーでもないし、なるつもりもないので、参考程度に見てください。勉強のログをつけているだけです。投資は自己責任でどうぞ。勉強も忘れずにね!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

免責事項

・本ブログの内容において、正当性を保証するものではありません。
・本ブログを利用して損失を被った場合でも一切の責任を負いません。
・期限付き内容を含でおり、ご自身で問題ないことを確認してください。
・最終的な決定は、ご自身の判断(自己責任)でお願い致します。
・投資は自己責任で