実家から車通学する大学生が、自動車の維持費がいくらかかるのか教える【保険、ガソリン代、税金、車検等】

全ての大学生に向けて

地方の大学、車がないと不便説

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

全国の大学生のみなさんこんにちは。今や大学って全国に何百とあるそうなので、みなさんの中にも、車が欲しい大学生って結構いると思います

  • 地方の国立大学に在籍していて更に、実家からの通学なので車がないとそもそも通学できない
  • 地方の大学で大学の近くに住んでいるけど行動範囲広げるために車の購入をしたい
  • 都会住みだけど車が好きだから車を購入したい

と、いろんな事情があって大学生でも車を購入することが当たり前の時代になりましたね。
ちなみに僕は一番上の、実家暮らしの地方国立大学生です笑

そして、僕も例に漏れず車持ちの大学生。

今日は、これから大学生になる人、車の購入を考えている大学生、地方の大学に進学することになった新入生に向けて、「普通の大学生が車を保有すると、いくらくらい維持費がかかるのか」を紹介していこうと思います。

Rem
安直に車を購入しようとすると結構痛い目に逢いますよ!車の維持費って結構かかりますから笑
スポンサーリンク

僕の通学距離、車種、使用頻度を教えよう

Rem
まずはロールモデルの紹介として僕がどのくらいの距離を、どのくらいの頻度で、どのくらいの燃費の車で通学しているか紹介するよ!

僕の車の保有状況、使用状況をぜひ参考にしてくださいね!

①通学距離

Remblog

僕が住んでいるのは県庁所在地のベッドタウン的なところです。そのため高速道路も通っているし、大きめのバイパスがあるため車での通学は便利です。

見てもらっても分かる通り、ほとんど直進なので。

通学距離は通る道によりますが、だいたい40kmくらい。

通学時間はスムースに行けば最短35分、遅くても一時間以内で通学できるって感じですね。

なぜ実家通学なのか

大学の近くに住めばその1時間友好的に使えるじゃんって声が聞こえてきそうですが、僕は大学の近くに住みたくありません。何もないし、友達も少ないし、実家に車で帰るって口実を使えば何しろ飲み会で飲む必要がなくなるので楽です。

②使用頻度は??

使用頻度は楽器によって異なりますが、基本的に週に4、5日登校です。

アルバイトは実家からチャリで1分なのでアルバイトには車を使用はしていません。

純粋に大学に行くため、そして週に1回程度近くのゴルフ練習場にゴルフの練習に行く時だけ使っているって感じです。

なので、合計して、1週間に5回程度の使用だと思ってください。

③所有している車

Remblog

僕が所有している車は、何も良い車ではありません。

以前はプリウスという普通車に乗っていましたが、妹が大学進学と同時に他県に持って行ってしまったので、現在はホンダのライフという車に乗っています。

軽自動車なので力はありませんが、燃費は割といい方だと思います。
見た目も可愛いので僕は割と気に入ってます。

Remblog

平均燃費は約18〜20kmくらいです。

使用状況
  • 通学距離は約40km
  • 週に4,5回使用
  • 平均燃費18 〜20kmの軽自動車

このような条件で車の維持費がどれくらいかかっているか次のチャプターでは紹介していきます!

車の維持費は大学生にとっては結構負担が大きい

車ってそこらへんにたくさん走っているっていうのもあって、「誰でも簡単に所有できる」って思われがちですが、車って案外お金をむしり取って行くんですよね。

今日はそこらへんも含めて全て正直にどのくらい維持費がかかっているのか紹介していきたいと思います。

その1:購入費用

車を買うという方はまず、車の購入費用がかかります

僕は、母親が使っていた車をお下がりとして使っているので自分での出費は0ですが、

もし自分で車も用意するという場合になれば、車の購入費用もかかります。

走行距離や年式で幅は出てきますが、中古で買うと30万〜80万くらいかかると思ってもいいと思います。

車の状態は今後の車検や燃費等のガソリン代に大きく影響するので、安い車でいいやっていう安直な考えはやめたほうが良いと思います。

その2:ガソリン代

これは誰でも分かる維持費の1つだと思います。

当たり前ですが車はガソリンがないと動きませんからね笑

電気自動車に乗れば話は変わりますが、大学生で電気自動車を買えるような人はいないと思うのでまあこれはスルーします笑

僕の使用状況である、通学片道45km、使用頻度週に4,5回だと平均燃費18〜20kmの軽自動車だと1週間で燃料タンクが空になります

僕の1ヶ月のガソリン代

一日の走行距離90km→平均燃費18〜20だと約5L必要

軽自動車の燃料タンクは約30Lなので、5日使用すれば燃料がほとんどなくなる計算

1ヶ月は約4〜5週間なので、ガソリン代が140円/L(2018/8現在)だとすると

1ヶ月15,000円くらいガソリン代がかかる計算になります

もちろん、通学距離や使用頻度によってガソリン代は上下しますが、

みなさんの状況に置き換えて概算してみてくださいな。

ちなみに、ガソリン代は時期によって大幅に変動しますので、維持費は毎月同じとはいきません。

昨年なんて1L110円の時もあったのに、今は140円ですからね泣

ガソリン代高いよ〜;;

その3:車の保険

車を購入すると絶対に加入しなければならないのが自賠責保険

自賠責保険は主に、被害者の補償に充てられるもので、自賠責保険に入っていないと他損の事故を起こした際に何百万、何千万というお金を支払う羽目になります。

自賠責保険は車の車検などで自動的に加入するので毎月固定の出費ではありません。

自賠責保険の他に自分用の任意保険というものもありますが、僕は任意保険の加入を強く勧めておきます。

もし事故った場合、自賠責だけだと相手側(被害者)分しかお金が補填されないので、最悪の場合車を手放すことになります。

で、今回は任意保険の金額についてですが、

僕は毎月約8,000円の支払いがあります。

これは年齢や運転歴によって左右されるものであるので一概には言えませんが、

大学一年生の時は9,000円、まあ約1万円は任意保険がかかるって思えば良いと思います。

その4:車検とかいう曲者

僕が1年間滞在したアメリカって車検制度ってないんですよ。本当羨ましい笑

それと比べて我らが日本には、車検制度ってのがあります。

簡単に説明すると、「車の定期検査」です。

車の部品は痛んでないか、とか法律によって定められて基準を元に検査をして車のチェックをしてダメなものがあれば部品を交換したります。

これが結構かかるんですよ^^;

自賠責保険、重量税とか色々含めて、軽自動車で一回8万〜10万円かかります。

基本的に2年おきの検査なので、2年に1度約10万円出費がると思えばいいのですが、

1ヶ月ずつ少しずつ車検費用を貯める計算をすると月に約4200円貯金する必要があります

その5:自動車税はクソ

毎年春になると自動車税を払わなければなません。

軽自動車は10,800円

普通車は排気量によって自動車税が変わってきます。

スポンサーリンク

大学生にとって車の維持費を払うのは容易なことじゃない

車の維持費
  1. 車の購入費用
  2. ガソリン代
  3. 任意保険
  4. 車検費用(毎月4,200円計算)
  5. 自動車税

僕の場合、全ての費用を1ヶ月換算すると、1ヶ月28,000円も車を維持するのにかかっているんです。これに車を自分で購入する場合はさらに上乗せになります。さらに普通車だともっと笑

どうですか??安い買い物じゃないってことが伝わったでしょうか??

車を使わざるを得ないという場合は仕方ありませんが、車が絶対的に必要ではない場合は安直に車を購入するのは控えた方が良いですよ笑

大学生で車に乗るということはそういうことです。

月に約3万円もあれば、もっと別のことにお金を使えるわけですからね笑