大学生が知っておくべきアリババ創業者ジャック・マーに学ぶ成功マインド

全ての大学生に向けて

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

とうとう6月になりましたね。

僕の住んでいるところはまだ梅雨に入っていませんが、連日30度近くまで気温が上がり、とにかく暑いです・・・

6月ってこんなに暑かったっけ・・・?笑

体調を崩さないようにみなさん気をつけてお過ごしくださいね。

スポンサーリンク

ジャック・マーって知ってる?

みなさんはジャック・マーって知っていますか ?

アリババと言う企業名を一度は耳にしたことがある人もいるのではないでしょうか?

その創業者です笑

ジャック・マー(マー・ユン、馬 雲、1964年9月10日 – )は、中国・アリババ社(阿里巴巴集団)の創業者、現会長、元CEO、ソフトバンクグループ取締役。浙江省杭州市出身。中国本土の起業家で初めて『フォーブス』に名前が掲載された。また2014年11月現在、中国本土で1番、世界で18番目の資産家

引用:wikipedia

あのソフトバンクグループの取締役でもあるんですね。凄過ぎて脱帽です・・・笑

孫正義が一目で彼の才能を見抜き、融資の話を持ちかけたと言う話は有名ですよね

そして世界有数の資産家でもあるんですね。

世界にはすごい人がたくさんいますが、その中でも僕はジャックを一番尊敬しています。

ここが凄い!ジャックの人生!

ジャックの人生はかなり破天荒です。

よく成功できたなあと感心すらしてしまいますね。

①中国の貧しい家庭出身

彼は今でこそ富裕層ですが、子供の時は全く富裕層ではなかったそうです。

そこから成り上がったことが凄いですよね。

そもそも中国はコネと金が何よりも重要な社会です。そんな貧困層に生まれてしまったジャックは大きなハンデを背負っていたわけですね。

ただ英語が好きだったジャックは、街にくる観光客のホテルに遊びに行き、観光客らと英会話をするのが趣味だったみたいです。

時には無料の観光案内をかって出ることもあったそうですよ!!

②失敗だらけの人生

彼は小学校でも二回失敗し、

中等教育を受けるための試験にも三度失敗しているそうです。

そして大学入試ではなんと三浪しています。

数学がかなり苦手だったみたいです。笑

就職活動でもなんと30回失敗したそうです・・・

地元警察に就職しようとした時は「お前は良くない」と突き返され、

ケンタッキー(KFC)が地元の街に初進出した時は、24人が応募し、ジャック一人だけが落ちたそうです。

ちなみにハーバード大学にも10回願書を送ったにもかかわらず、10回とも不合格だったみたいです笑

ここが他の実業家とは違うところですよね。エリートではないんです彼は。

失敗だらけの人生、それで良いじゃありませんか

スポンサーリンク

ジャック・マーに学ぶ成功哲学は

①耐え忍び、続けること

ジャックはこう語ります。

戦い続け、自分自身を変え続ける。

そして自分が成功していようが成功してなかろうが、不満を漏らさないこと。

何か仕事でミスを起こしてしまった時、それをいつも他人のせいにして不満を漏らしている人は、見込みがない人間である。

逆に、自分自身を見つめ直す人間こそ、成功する人間である。

たった一度の失敗にくじけずに戦い続ける、向き合い続けることが重要なんです。

まさにジャックの人生そのものです。彼は何回も失敗しても挑戦することを諦めませんでした。

その結果こそが今のジャック自身なんです。

失敗をしてもそれを他人のせいにせず、「自分に何が足りなかったんだろう」「どう自分が変わるべきなんだろう」と、自分自身を変えていくこと。

これこそが成長だと考えます。

我々だってそうです。大学入試、高校入試、就活など人生の転機で失敗してしまった人は多いでしょう。それを悲観せず、次にどうつなげるか考えるべきなんです。

僕は、防衛大学校を病気で退学してしまい、力及ばず地元の国立大学に進学してしまったと言う失敗をしています。

しかし学歴なんてしょうもないプライドをすて、ここで自分に何ができるかを考え自分を見つめてきたことで、トビタテ留学Japanにも合格し、交換留学でアメリカにいくチャンスを得たんです

いつも他人のせいばかりにしているしょうもない人間が大学生には多い気がします。

「自己変容」、この言葉を胸に有意義な大学生活を送ってもらいたいです。

②待たない、探すの

ブルゾンちえみみたいなこと行ってますが、ジャックはこう語ります。

言い訳を熱弁する暇があるなら、少しでも早く行動に移すべし。

考えて考えて考え続けるくらいなら、実際にやって見るべし。

貧乏人は、ある一つの共通の行動で失敗してしまうのだ。

彼らの人生の大半が、待ってばかりであるということだ。

例えば、

「なぜ留学にいかないの?」といえば

「お金がないから」と言う人って結構いると思います。

それは単なる決めつけですよね。

待ってばかり、要するに受け身すぎる人が多いんですよね。

探せばいくらだって給付型の奨学金はあるっていうのに。

やりたいと思ったことを、すぐ行動に移す。そしてそれを何かのせいにしない。

絶対に何か方法はあるのだから、待つのではなく探すべきなんです。

自分からアクションを起こせば必ず誰かの耳に入り、助けやアドバイスをくれると思いますよ。

短い人生なのだから、自分のやりたいこと全部やって死にましょう。

それは待っているだけでは絶対に実現しないんです。

終わりに

僕は、防衛大学校をやめてうつ病になりかけていた時に、彼と出会いました。

失敗しても良いんだ

そう思うこと。そして失敗になれることが人生を豊かなものにする一つの方法なのではないかと思います。

浪人したって、夢が叶わなくなってしまったって、それは一つの通過点に過ぎないんです。

「自己変容」を胸に、ジャックのような生き方ができるように頑張っていきましょう。

良ければtwitterのフォローをお願いします!!