【興味無し!?】大学生が選挙に行かない理由【初選挙】

全ての大学生に向けて

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

大学もとうとう冬休みに入りましたね。
いやー、早いものでもう2018年も終わりです。

去年の今頃は交換留学先の大学で冬休みを堪能していたと思うと、時が経つのは早いです・・・笑

さて、今日の話題は選挙です。

冬休みに入ったので、僕は現在実家でのんびりしている訳ですが、

この前の天皇誕生日、12月23日に我が県宮崎県で県知事選挙がありました!!

有権者である23才の大学生が初めて選挙というものに行ってみました。

Rem
23才で初めての選挙だなんてという批判覚悟です笑
スポンサーリンク

僕が今回選挙に初めて行くことになった経緯

選挙権を獲得してから数年経ちますが、これまで僕が投票にいける選挙がなかった訳ではありません。

過去に何度か選挙に行くことができたんですが、行っていませんでした。

まず、そもそも大学の近くで一人暮らしをしていましたが、住民票を移していなかったので、

選挙のハガキが、毎回実家に届いていたんですね。

これがまあ面倒臭い。

すぐに実家に戻れる訳でもないですし。

Rem
わざわざ地元に戻って投票するのってクソ面倒くせえから!!!マジで!!!

ちなみに、住民票を移していなくても選挙にいける制度があることはチラっと聞いていました。

↓コレですね

でも、わざわざ手続きすんの面倒臭い!!!!

基本的に総務省は住民票を移すことを推奨しているみたいなので、この手続きをしても100%住民票を移していない大学生が投票にいけるようになるとも保証されていないみたい

なおさら「じゃあ、いいや」ってなりますよね。

これが今まで僕が選挙に行けていなかった、いや行かなかった大きな原因の1つです。

政治に全く無関心って訳ではないんですけどね。
ただ、僕の周りの友人は政治に無関心な人が結構いました。

まあ、この若者の政治に対する無関心さに関しては、社会科教育の失敗だと思うので、批判はソチラにどうぞ。

んで、そろそろ本題に戻りましょうか。

今回県知事選挙に行くことにした理由

さて、住民票を移していない&政治に無関心な僕が、晴れて県知事選挙で選挙デビューを果たすこととなった理由ですが・・・

選挙日に実家にいた

ただこれだけです。それ以外に理由はないんですよ、呆れられて当然だと思います。

親がご親切に投票ハガキを机の上に置いていてくれて、それで初めて県知事選挙があることを知りました

だって、僕テレビ全くみませんから

ニュースはみますが、それは全部国際ニュースと株、円相場ばかり。

だから、知事選挙があるよって情報が全く入ってきていませんでした

Rem
これどうにかするべきだよね

テレビ離れなんて言葉もよく聞きますが、それも若者の選挙離れの1つの要因になっているのかもしれませんね。
選挙があること自体知らない友人も多かったですし。

と、そんなこんなで、サラッと公約を見て、現職の知事に投票をしてきた訳です。

大学生、若者が選挙に行くにはどうすれば良いのか

と、僕の初選挙のあらすじをタラタラと述べてきた訳ですけど、ここからは自分の経験と友人の実態も踏まえて、

Rem
どうすれば大学生、つまり若者が選挙に行くようになるんやろなあ

ってことに、大学生の視点から考えてみようと思います。

1. 議論する余地ができるような政治バランスを作ってもらう

極論言えばこれです。

僕の周りのほとんどの友人が、「自民党で良くね」と言っています。
これは親の影響、土地柄などいろんな要因があるとは思いますが、

特に政治に興味があるわけでもないので自民党で良いやと思う大きな理由は、自民党が無難にこなしているからに尽きるような気がします。

民主党政権の時、僕はまだクソガキだった訳ですが、クソガキであるのにも関わらず「民主党ってヤベーな」って感じていました。

今の大学生は、小中高のいずれかの時期であの民主党政権を経験していて、メディアもボロクソに民主党を叩いていましたから、それが影響して民主党の時よりは良いなって感じているような気がします。

特に国政に関わる選挙の時は、

なんやかんや自民党で良くね→別に俺らが行かなくても自民党が勝つよね

こういう脳内思考回路が存在してる訳です。

ちなみに僕のケースを紹介するとお、僕には支持政党がありません。

自民党がやっていることが全て正しい、良いとは全く思いません。
かと言って野党に支持に値する優秀な党があるかというとそうでもない。

野党は、ポピュリズムを体現している無能集団というのが僕の見解ですので、結果として選挙に行く気が起きないんですよね。

Rem
自民党と対等に議論できる優秀な野党生まれろ!!!(懇願)

2. WEB投票ってできないの?マイナンバーカード発行してんのに

大学生、若者が選挙に行かない大きな理由は、住民票を移していない、行くのが面倒臭いからです。

だったらWEB投票にすることってできないんでしょうかね。

マイナンバーカードも発行している訳ですし、できないこともないような気もするんですけど

でも、やっぱりあのアナログな投票形態こそ選挙の公平性を保つにはベストだと思います。

アナログチックな投票が良い理由
  1. 不正ができない
  2. 投票の売買ができない
  3. 結果として有権者にとっても、候補者にとっても安心

3. 若者に向けたプロモーションを行う

TVを見ている大学生ってあんまりいません。

バイトも忙しくテレビを見る暇なんてないからです。

大学生などの若者にダイレクトに選挙があることを知らせるには、SNSで広告を出すなどを出すべきだと思います。(今回の知事選ではtwitterで少し広告を出していたみたいです)

まあ大学の自治の問題もあるので実現可能かはわかりませんが、大学にポスターを貼るとかね・・・

Rem
とにかく選挙があることを知らない大学生が多すぎる
スポンサーリンク

これからはなるべく選挙には参加しようと思う

なんと、今回の県知事選挙、蓋を開けてみると

県選挙管理委員会によりますと、県知事選挙の確定投票率は33.9%で過去最低となりました。

県知事選挙の投票率が最も低かったのは前々回・平成22年の40.82%でしたが、今回はそれを更に6.92ポイント下回り、40%を大きく割り込む結果となりました。

引用:NHK NEWS WEB

Rem
宮崎県民、3人に1人しか投票に行ってねえwww

流石の僕でもやばいなと思いましたね。

まあ住民票は移すつもりはありません、ちょっと色々家庭の事情があるので。

けど、選挙自体は紙に名前を書いて投票箱に入れるだけでとても簡単でした、想像以上に面倒臭くありません。

このブログを見ている大学生のみなさん、ぜひ一度選挙に行ってみてはどうでしょうか??