【GoPro】普通の大学生がハイスペックアクションカメラGoPro Hero6を買った理由

GoPro

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

実は僕、

Rem
GoPro Hero 6 Blackを購入しました!!

いやー、結構悩みましたよw

だって公式サイトの定価で52,000円、Amazonでも予備バッテリー1個付きで52,000円ですからね汗

お金に多少余裕のある社会人でさえも購入にちょっと慎重になるような値段設定ですから、大学生の僕にすれば購入を決断するまでかなり時間が掛かりました。

今日は、なぜ普通の大学生がGoProの購入に踏み切ったのかを書いていこうと思います。

Rem
GoProの購入を検討している人や、旅行やアウトドア好きの大学生にはぜひ見てもらいたいですね
スポンサーリンク

アメリカでアウトドアに目覚めた僕

僕がGoProの購入を考え始めたのはアメリカ留学中です。

実は、アメリカに留学する前にもちょくちょく色んな国に短期で留学に行ったりしていました。

そこで他の大学で出会った友達が、GoPro Hero5を持っていて、当時は「すごいなー」「金持ちだなー」程度にしか思っていなかったんです。

特に、カメラが好きってわけでもないし、「iPhoneのカメラって結構すごくね??」って勝手に思っていたっていうのもありますが、Go Proを所有している友人を見ても全くGoProにそそられなかったんです。

が、

アメリカのワシントン州に留学して、ワシントン州の大自然の中をハイキングをする機会が増えていく中で、ふと思ったんです。

Rem
iPhoneでは伝わらない自然の壮大さってあるな(単純)

って笑

例えばこの写真

ここはワシントン州のオリンピック国立公園の一角なんですけど、実際の風景を知らない人にとっては「まあそこそこの写真じゃん」って思うかもしれません。

でも実際に僕が見た風景と、iPhoneでとったこの写真の壮大さって天と地ほど差があるんです。

Rem
実際に見ると、もっとこう、グワッと圧倒されるような大自然が目の前に広がってるんですが、この写真では伝わらないんですよねえ・・・

見た風景と、iPhoneでとった写真のスケールが違うって事実にやっと気づいたんです。

一眼レフカメラかアクションカメラか

よくハイキングに一緒に行っていたアメリカ人の友人は、一眼レフカメラを持っていました。

彼が撮る写真は、画質が凄く良くて、遠いものでもまるで近くで撮ったかのように撮れる優れたものでした。

彼にその一眼レフカメラの値段を聞くと、「2000?」でした。

つまり、20万円。

無理ですよね、そんな額。

もちろん、安い一眼レフカメラもあるみたいなんですが、安いと性能もそうでもないみたいなので、せっかく一眼レフカメラに興味は持ったものの金銭面の関係で一気に興味がなくなりました。

それでも何度かハイキングに行っていると、ある日、自撮り棒の先にGoProを取り付けて撮影しているおっちゃんと出会ったんです。

暇だったので「このカメラ小さいけど、そんなに良い写真が撮れるの?」って聞くと、「もちろんさ!動画もバッチリだぜ」って言うので、休憩所でMacbook Proに繋いで見せてもらいました。

すると、感動、感動、感動の嵐。

Rem
こんな小さいカメラなのに、自分が見た風景をそのまま撮れるの?しかも4Kで!!

GoPro自体も小さくて軽く、持ち運びがしやすく、ビデオカメラや一眼レフのようになんか持っているとちょっと恥ずかしい感が少ないので、僕が買うべきカメラはこれだって直感しました。

見てくださいよ、これ。まあ編集されている動画とは言え、こんなに迫力ある大自然を写すことができるんですよ。

これまで僕が感じていた、「iPhoneのカメラで撮るとなんかちょっと残念になる感じ」が全くないんですよ。

スポンサーリンク

てことでGoPro Hero6 Blackを買いました

お値段、Amazonにて52,000円。予備バッテリーが一個付いているとは言っても高いです。

しかも、GoProは例年9月に新機種が出るんですが、僕がその1ヶ月前に購入を決めた理由がこちら

  • GoProは新機種になるに連れて高価になっていく
    →大学生の僕にとっては50,000円くらいが限界だった
  • Hero6でも僕には十分すぎる高性能だから
    →これ以上凄くなっても僕には使いこなせない
  • 最大で4K60fps、1080p240fpsまで撮れる
    →文句なし。

何言ってるか分からないって人もいると思いますが、つまり、GoPro Hero6は大学生がギリギリ手を出せるアクションカメラの最高峰だってことです。

高機能の手ブレ補正、防水、高画質(しかも4Kで60fpsは凄い)、この三点セットになっている時点で文句はありませんね。

これ以上性能が良くなっても、パソコンがカスだと編集なんてできたものじゃないんです。

そう考えて僕はGoPro Hero6を買いました。

【GoPro】純正よりもお得で安いアクセサリーキットがオススメ!【画像付きで解説】

2018年9月28日

旅行、地元の思い出づくりで頑張ろうと思う

僕は就職先は東京の予定なので、22年間住んだ故郷ともそろそろお別れしなければなりません。

その故郷の良いところをGoProでとって編集してYouTubeにでもアップしていつでも故郷に帰った気分になれるような動画を作ったりしたいですね。

あとは、旅行やアウトドアが好きなので、それも動画にしてみます。

まだ本体を買ったばかり、そして大学関連でちょっとバタバタするので動画は取れていないですが、動画をとって編集したこのブログでも紹介してみようと思います。

こういう動画編集できるようになるといいなあ