【GoPro】GoProで撮った旅行動画を編集してYouTubeにアップしてみた

GoPro

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

【GoPro】普通の大学生がハイスペックアクションカメラGoPro Hero6を買った理由

2018年8月28日

先日GoPro Hero 6 Blackを購入しました。

SDカード等諸々の費用を合算すると、約6万円と僕の人生の中で一括で買った物の中で一番高い買い物でした笑

そして、たまたま僕の小学校中学校高校時代を共に過ごした友人と一年半ぶりに再開することができたので、ついでにGoProで動画撮ってみよってことで動画撮ってきました笑

Rem
僕はアメリカから、他の友人は神奈川、仙台、福岡から同じ時期に帰ってきたんですよ。僕も含めて皆また全国に散らばるので次はいつ会えるのかな笑
スポンサーリンク

宮崎県は青島に観光に行ってきた

みんな元々宮崎県民で一時的に宮崎に帰ってきてるし、宮崎っぽいところに行くか!って感じの短絡的な発想で青島に観光しに行くことになりました。

実は全員高校卒業までの18年間宮崎に住んでいたのに、まともに青島観光をしたことがなかったんですよね笑

青島(あおしま)は、宮崎県宮崎市の南東部海岸付近にある周囲860m、面積約4.4ha、高さ約6mの島。陸繋島になりつつある。対岸は青島海岸と呼ばれ、青島海水浴場などを含む一大観光地になっている。青島と青島海岸とは弥生橋によって結ばれている。

引用:Wikipedia

まあ青島っていうのは、宮崎県民なら誰でも知っている県を代表する一大観光地なんですよ笑

そんなところにまともに行ったことのない僕たちって何なんだって話になりますが、それにはちゃんとした訳が笑

僕たち青島がある場所から車で1時間以上かかる場所に住んでいたからです笑

こういう機会じゃないと遠すぎて行こうとはなかなか思わないんですよね・・・笑

GoProの4K動画、手ブレ補正はやはり凄かった・・・!!!

まあ青島紹介をしたところであまりみなさん興味ないと思うので、本題にさっさと移りましょう笑

GoPro Hero 6のウリは何と言っても、“最大4K60fps、1080p240fpsの超高画質”で動画を撮影できること。そして高機能手ブレ補正があるってところでしょう。

実際に使ってみないと実感はできないと思いますが、自分の想像の遥か上をいく満足度でした!!

手ブレ補正について

手ブレ補正が効くのは、4K30fpsまでです。

これが今回動画編集を全くやったことのないど素人の僕が編集した動画です。

ただGoProで撮った動画をつぎはぎ繋いで編集しただけの雑編集です笑

ただ、僕のような動画編集初心者でも、不思議となんかそれっぽい旅動画を撮ることができているんです・・・笑

Rem
描画設定で4Kでも見ることができるので、GoProの凄さを味わってみたい方は4Kに設定して動画を見てみてください

この動画の何がすごいって

  • 超高画質の動画を撮ることができている
    →5万円で4K動画を撮れると考えるとコスパ○
  • 画角が広いので迫力ある映像が取れている
    →初心者でもそれっぽい映像が撮れる、スマホでは不可能
  • 手ブレ補正がかなり効いている
    →本体手持ちでこれなので自撮り棒などがあれば更に・・・??

ただ、やっぱり編集技術がまだまだって感じがするので、編集技術について勉強しないとなって感じですね^^;

動画編集に関してはこれからボチボチと勉強して行こうと思っています笑

動画だけじゃなくて写真もすごいよ

GoPro=動画ってイメージがあると思いますが、写真もめちゃくちゃすごいです。

アクションカメラという特性上、ズームはそれほど出来ませんが、4Kで撮影した動画の一コマを写真として取り出すこともできるので、広角の魚眼レンズで撮影した迫力ある高画質写真を撮ることもできるってことなんです。

ブログに貼るために画質はかなり落としていますが、GoProだとこんな写真も取り出すことが出来ますよー^^

ここまで広角で高画質な写真は、iPhoneじゃ無理ですよね笑笑

スポンサーリンク

動画編集を勉強してもっと良い動画を作ってみたいなあ

今の僕の状態は、

いいカメラを持っているのに動画編集が下手なので、まさに豚に真珠状態であるってことです笑

こんな感じで、10年後に見返しても当時の記憶が鮮明に蘇るような動画編集をしたい!と思っています。笑

YouTuberってすごいよね笑

動画編集ってぶっちゃけめっちゃ面倒臭いですもん笑