僕の人生は遠回りだらけ【自己紹介】

自己紹介
スポンサーリンク

はじめに

当ブログを閲覧していただきありがとうございます!!

そしてこの自己紹介のリンクを踏んでいただいたということは・・・

僕がどういう人間なのかちょっと気になっているということですね!?!?

どこの誰かもわからない人間の記事なんて信用できるかっ!!ってことですよね?

分かります。

あまり自己紹介は得意な方ではないのですが、身バレしない程度に僕についてまとめてみました^^

プロフィール

Rem / 大学三年生 22歳

当たり前ですがこれは本名ではありません笑

ペンネーム何にしようかな〜と考えていた時、たまたま見ていたデスノートのアニメに出ていたレムという死神からパクりました笑

超簡単なプロフィール
  • 1995年広島生まれ、九州育ち
  • 家族構成は父、母、僕、妹の四人家族
  • 身長170cm、体重63kgの標準的な日本人体型

顔は母親に似ていると言われますが、自分では似ていると思ったことは一度もありません・・・

妹は2歳年下で、九州のとある国立大学に在籍しています。兄弟揃って国立大学、地味だけどちょっとした自慢です

Rem

両親の顔面偏差値のDNAは全部妹に引き継がれ、僕には全くイケメン要素が遺伝しませんでした・・・

広島に生まれ、九州に育つ

僕が生まれたのは中国地方最大の都市、広島です。

おじいちゃんが被爆者で、被爆三世としてこの世に生を受けました。

ノーベル平和賞に反核活動家が選ばれたことについて被爆3世の僕が思うこと

2017年12月13日

広島っていいところなんですよ・・・といいたいところですが、生まれて即九州に引っ越したので広島についてはあまりよくわかっていません笑

中学二年生までは毎年広島に帰省していたんですが、それ以降は全く帰省していません・・・

そろそろおばあちゃんに顔を出したいんですが、なかなか都合が合いません。高校生の時は受験勉強や部活動で忙しく、大学生になったらなったで、僕が長期休暇を最大限に利用して海外に行っちゃうもんだから、広島にはなかなかけることができないんですよね。

ちなみに故郷である九州のことは大好きです。大学も九州なので就職も・・・なんてことは全く考えておらず、就職では関東に出ようと思っています

そして定年退職後に九州に戻る、こういう人生設計を今の所考えています。

なぜか中学受験をする

小学生の時は漠然とそのまま地元の公立中学校に上がるんだろうな〜と思いつつ、気づいた小学六年生になっていました。大学なんて行くつもりは全くなかったです。

しかし、親友の勧めで私立中学のオープンキャンパスに半ば強制的に連れて行かれました。これが実は人生最初の大きなターニングポイントだったんです。

オープンキャンパスについて行った僕は、そこで何をするのか全く把握していませんでした。そして学校についてすぐテストを受けさせられたんです。どうやらテストを受けてから、学校紹介の流れだったらしく、そのことを知らなかった僕は嫌嫌問題をといていたのを今でも覚えています笑

オープンキャンパスも終わり、なんだこの学校みたいな印象を受けて家に帰ったんですが、その一週間後・・・

私立中学校の入試担当の方から電話が

お子さんがプレテストで非常に優秀な成績だったので、特待生として是非うちに来てください。」と。笑

中学校から僕にかかっている教育費がほぼ無料(タダ)なんだが【俺めっちゃ親孝行説】

2017年10月20日

お母さん超びっくり。両親高卒で、親子もろとも私立中学校なんて全く考えていなかったので笑

そんなこんなあって中高一貫の私立中学に入学しました。

防衛大学校に入学、退校そして国立大学へ

高校卒業後、第一志望だった防衛大学校理工学部へ進学。

偏差値は高くない!防衛大学校合格のためにやるべきこと

2017年4月18日

夢のキャンパスライフとは程遠い、地獄の生活を送っていましたが、幹部自衛官に近づいていると思えば毎日が楽しかったですね。

しかし途中で病気になり退学をする羽目に・・・

防衛大を辞めた後、なんとたった三ヶ月でセンター試験を迎えることになります。

なかなかのハードスケジュールだと思いませんか?笑

いろいろ受験し、明治大学と青山学院大学にも合格しました。

しかし僕が陰キャであるということと、病気の治療が終わっていなかったため、キラキラしたMARCHに華麗に蹴りを入れ

お家から近い国立大学へ入学。結果的にこのことが僕の今後の人生を大きく変えることとなります笑

スポンサーリンク

留学

地元の国立大学に入って留学について深く考えるようになりました。

一年生の時は、大学の派遣プログラムに応募し、フィリピンへ行きました。一ヶ月という短期間でしたが、かなり濃厚な体験をしました。

フィリピンの貧しい村でボランティアした時の話【貧困】

2017年3月2日

フィリピンの経済発展の裏に見え隠れする貧困問題

2017年2月28日

例えば、1990年代のピナツボ火山の大噴火で住む場所を追われた民族の村へボランティアに行ったり、週末にはスービックという日本でいうところの伊豆に行ったりとかなり充実していましたね。

そして、最近ではトビタテ!留学JAPANに応募し見事合格を勝ち取ることができました!

2017年9月からアメリカで交換留学生として勉強しています。トビタテ関連で聞きたいことがあったら、質問フォームから連絡ください。例えば、誰もがきになるであろう、二次審査の話とか笑

おそらくですが、もし明治大学に進学していたら留学なんてしていなかったと思います。

僕のことが100倍よくわかる記事10選

今回は、自己紹介ということで非常に簡単にまとめましたが、

それでも僕のことをもっと知りたい!!という方がもしいらっしゃれば、

  • この記事を読めば僕のことがもっとわかる!
  • こんな波乱万丈な人生を送ってきたのか!
  • 留学でこんなことを学んでいるんだ!

と思わず思ってしまうような記事をまとめましたので、是非ご覧になってみてください^^

最後になりますが、このブログを見てくださっている皆さんにとって有意義な情報を発信していきたいと思っていますので、どうか宜しくお願いします!!