【就職活動】「みん就(みんしゅう)」を見る必要性は皆無。利用はリスクだらけってことに気づくべき。

就職活動

どうもみなさんこんにちは、Remです。

Rem
いやー、とりあえず就職活動がひと段落ついてホットしました・・・笑

僕の就職活動状況は以下の記事でも確認できますので、万が一「どうしてもRemの就職状況が気になる!!!!」というモノ好きな方がいらっしゃれば下記記事を参照してください。

留学経験は就職活動で有利になるか【大手メーカー内定者が語る】

2019年7月14日

【Fラン必見】TOEICは就活で有利になるのか?Fランから大企業に内定した僕が教える。

2019年7月10日

ところで、就職活動をする上で大事にしていること、大切だと思うことって何ですか?何だと思いますか?

コネクション?インターンシップへの参加?説明会に通う回数?学生時代に頑張ったこと?エントリーシートの書き方?面接で緊張しないようにすること? etc…

もちろん、人それぞれ就職活動で大切にしていることは異なると思います。

ただ、就職活動をする上で必ず避けられないのは就活の情報を得ること」だと思います。

今日は、そんな「就職活動における情報を得るため方法」に焦点を当てて記事を書いていきたいと思います。

Rem
もちろん僕の就職活動の経験を踏まえた実体験の話です!!
こんな人にオススメ
  1. これから就職活動を迎える全ての大学生
  2. 就職活動で情報を得るために使われるサイトについて知りたい人
  3. 「みん就」を利用したことがある、利用する予定の人

記事自体も数分でサクッと読めますので是非どうぞ!

スポンサーリンク

就職活動は情報戦。企業の情報を得ることはかなり大切。

Rem
就活は情報戦である

って言葉聞いたことありませんか??

例えば、就職活動が始まる時期になると各大学でマイナビやリクナビの担当者がセミナーにやってくると思いますが、そのセミナーで口を酸っぱくして言われるのが、「就活は情報戦」という言葉です。
まあ、もちろんその言葉の裏には、情報集めるためにマイナビやリクナビが使えるから登録してねって意味が包含されているんですがね笑

ただ、実際に就職活動をやり終えて、自分自身もしくは周囲の学生の就職活動を振り返ってみると、確かに就活は情報戦であると言い切ることも出来るんですよね。

就職活動が情報戦である理由
  1. オープンになっている情報もあれば、クローズド情報もある。
    →企業の説明会に行くと、「説明会に来てくださった方だけに・・・」のような言葉をよく耳にすることになります。
  2. OB、OGが弱い大学の学生は企業の内情が見えない。
    →実際の社員から得られる情報は、自分のキャリアを考えるのに役立つ。
  3. 面接で問われるのは「なぜうちなのか」ということ。
    →学生時代に力を入れたこと(通称:ガクチカ)だけで採用する企業はほとんどありません。どの企業も「数ある企業の中でどうしてうちなのか」ということを必ず聞いてきます。
Rem
どうですか?情報って大切だと思いませんか???

就職活動の情報を得られるサイトとして挙げられるのは、先ほど挙げた「マイナビ」「リクナビ」から、就活ノートなどがあります。

今日は、中でも楽天が提供している「みん就(みんなの就職活動日記)」に焦点を当てて行こうと思います。

楽天のみん就を使う、見るのは時間の無駄、就活生は今すぐ利用を辞めるべき。

結論から述べると、

Rem
みん就は使うな!!

ってことです。

そもそもみん就ってどんなサービス・・・?


引用:みん就

みん就は確かに便利な側面はあります。

みん就のサービス内容
  1. 実際に内定を貰った学生の志望動機。
    →自分がエントリーシートに志望動機を書くときに少なからず役には立つ。が、自分の言葉で書くのがESの大切なことなのでリスクはある。
  2. 選考ルートを知ることが出来る。
    →企業には通常ルートと早期選考ルート、インターンシップルートがあります。それらがどのようなフローで選考が進んでいったのか確認できるのは役に立ちます。
  3. 掲示板機能がある。
    これがマジで不要。諸悪の根源。

こんな感じで、一概にみん就を使用する必要はないとは言い切れないんですよね。
まあ実際に、選考ルートを知ることができるのはなかなか役に立ちます。

就活にインターンシップは必要ない。参加しなくても内定を貰う学生はザラにいるよって話。

2019年7月17日

みん就の「掲示板」は質の悪いただの掲示板。

ただ、みん就のメインサービスって、もはや掲示板なんです。2chみたいな感じ。

別に2chをディスるつもりは毛頭ないんですが、なんというかみん就の掲示板は、、、

Rem
嘘か誠か分からない情報が行き交っていて、就活生同士で謎のマウントの取り合いも横行している質の悪い掲示板

としての側面がとても大きく感じるんですよね。

例えば・・・

みん就掲示板の実情
  1. 謎の内定辞退者がよく現れる。
    →かなりの頻度で「他者に内定貰ったので蹴ります。ありがとうございました。」という謎のマウント書き込みが出現します。精神衛生上良くないですよね。
  2. 選考結果の通知自慢が始まる。
    →企業の選考には何百人という学生が参加しているので、選考結果の通知にはタイムラグがあるのが当然です(まあもちろん優秀な人にはすぐ電話で通知がきますが)。それを「先ほど通過連絡来ました!」という、いかにも雑魚いマウント取りが始まります。
  3. 選考内容を書く奴もいるが本当なの?
    →たまに親切心からか知らないけど面接での質問内容とかを書く奴もいますが、それ本当なの?当たったことないけどw
  4. 企業が炎上すると、掲示板も荒れる。
    →例えば2019年だと某化学メーカーやスポーツメーカーが炎上した時は、みん就の掲示板もお祭り状態です。そうなると確実に、「オー●ンハウス」の人事や内定者による書き込みで荒れます。

つまり、なぜみん就の利用をオススメしなかの一番大きな理由は「精神衛生上良くなさすぎる」ってこと。

他人と比べがちの日本人、こんな掲示板に噛り付いていると「あ、自分って遅れているんだ・・・」って錯覚して就活ブルーになること間違いなし!!

使う必要ないよ!!マウントが横行している掲示板で、本当の情報が書き込まれると思う?

企業の人事が見ているというリスクもある。

もちろん、人事がみん就を見ている可能性は高いとは言い切れません。

ただ、ある某大手私鉄の選考に参加した時、人事の方に

「本日の選考内容や、結果通知について、SNSや掲示板等に書き込むことは控えるようにお願いします」と念押しされたことがあります。

つまり、人事も「みん就」の存在は知っている訳です。

もし人事が掲示板を見ていたら??そしてあなたが「今日の面接内容は・・・」なんて書き込みをしていたら・・・?

確実にバレます。

まず、そもそも面接で聞かれることはもちろんある程度は同じようなものかもしれませんが、学生それぞれの個性に合わせて質問内容は変化するはずですよね。だってコミュニケーションですから。

それで、面接内容を詳細に書き込んだとしたら「あ、あの学生か」ってなるのは容易いです。

おまけに、企業も1日に面接できる学生の数は限りがあります

それなのに、「今日、面接受けてきて・・・」なんて書き込みをしようものなら、「あ、今日面接した5人のうちの誰かかな」って思われるのになんで気づかない学生が多いんでしょうか。呆れます。

Rem
こういう少し考えればわかることが分からずにベラベラ掲示板に書いて、何もしていない自分が疑われるのが一番ウザい。
スポンサーリンク

ネットリテラシーを高く持って、情報の取捨選択ができる人以外は使わない方が吉

まず、みん就を利用する前に、自分自身に問いかけてみてください。

Rem
果たして自分は、ネットリテラシーが高いのか、情報の取捨選択がきちんとできるかどうか?

その問いに対して、少しでも自信がないと感じた時は、みん就の利用は避けるべきです。

精神衛生上良くありませんし、掲示板というサービスの特性上「匿名だと思っていても個人の特定に繋がる」可能性はあるんです。
みん就の掲示板が原因で内定取り消しなんてなったらたまったもんじゃないでしょう

ただ、みん就の「インターン情報」や「選考ルート」、「志望動機」は役には立つので、どうしてもそれが知りたいという学生は登録しても問題はないと思います。

ただ、就活ノートのような似たようなサービスもあるので、僕はそちらの利用をオススメしておきます。

就活の情報収集をするなら

↓情報収集をするなら【就活ノート】がオススメ↓
就職活動を通じて実際に内定を貰った学生によって、それぞれの企業では「どんなことが聞かれるのか」「どこを見られているのか」などの情報を集めて、情報戦である就活を戦い抜きましょう。
僕も某大手総合商社のES作成と面接対策のために利用しました。



↓ほんの数分で登録が終わります↓

就活をスムースに進めていくためには、自分からアクションを起こしていくことも大切ですが、売り手市場の今こそ企業からのアプローチを狙うことも立派な戦略の1つです

登録必至のスカウト/逆オファー型サービス

  • LINEで就活【digmee】
    →面倒な就活、だからこそLINEを使ってスキマ時間に就活
  • キミスカ
    →プロフィールや選考の状況を開示することで、 企業から特別選考のスカウトをもらおう
  • ニクリーチ
    企業の人事からスカウトをもらって肉を奢ってもらう斬新なサービス