【新入生必見】大学生は講義ノートにiPadは必要なのか?現役大学生が考えてみた。

全ての大学生に向けて

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

僕も先日誕生日を迎え、大学生活も順調にいけば残り一年となってしまいました。
まあ、まだ大学院進学か就職かは決めかねているので、もしかしたらまだまだ学生生活を謳歌することになる可能性もありますが笑

さて、今日は大学生の講義ノートに関する話題です。

僕は大学三年生、途中アメリカの大学で1年間勉強したりもしました。

大学に入る前の高校生のみなさんは特に、憧れの華やかな大学生活を夢見ていることでしょう。

その華やかな大学生活の1つに、講義のノートをiPadで取ることって入っていませんか??笑

ここ最近のEdtech(Education×Technology)の発展や進歩はすごいですから、少ないかもしれませんがそう思っている高校生も多いはず。

だけど、実際に大学でiPadでノートって取れるの?と疑問に感じる人も多いはずです。

今日はそんな疑問について、現役大学生の視点から考えてみました!!

こんな人にオススメ!
  • 大学新入生で、ノートパソコンかiPadで悩んでいる人
  • 大学の講義のノート事情を知りたい人
  • iPadでノート取れるの?と疑問に思っている人!
Rem
記事自体も数分でサクッと読めるので是非!
スポンサーリンク

僕は一応大学用にiPadもノートパソコンも持ってるけど・・・

このブログを長く見てくださっている読者の方ならもうお判りかと思いますが、僕はちょっとしたApple信者です笑

このブログを執筆しているのも、iMacとMacbook Airですし笑

そんな僕はちゃっかりiPadも持ってます・・・笑

Rem
まあお父さんのお下がりのiPadなんだけどさ・・・笑

もちろんiPadだけでノートを取ろうと思えば、取ることはできるんです。

今の時代にはEvernoteという便利なアプリだってありますし、これからどんどんEdtechは進化していくと思っています。

例えば、最近だとApple Pencilという優れものがあります。
これは、簡単いいうとiPadの画面にまるで本物の鉛筆のように書き込めるものです。

つまり、iPad1つ持って行っておけば、ノートなんて不要なんです。ぶっちゃけた話。

ノートがかさばって荷物が重くなる・・・なんてことも無くなりますしね。

だけどiPadは高いぞ・・・

まあ便利なんですけど、そもそもの話iPadって高いんですよね。

ベースモデルでも4万円程度です。大学生にとっては高くないですか??

Apple(アップル)
¥38,763 (2019/07/20 00:23:38時点 Amazon調べ-詳細)

さらに、Apple Pencilで本当のノートのようにノートを取りたいと考えているのであれば、iPad Proが必須です。

iPad proは10万円越え・・・高い・・・

さらにApple Pencilも合わせると、約12万円です。

ノートパソコン一台買える値段ですよね。

Rem
ここでわざわざiPad ProとApple Pencilを買おうと思う大学生は結構限られてくる気がします・・・

講義でノートを取るためだけiPadを大学生にオススメしない3つの理由

いきなりですが、僕の結論は、

大学生にノートテイキング用のiPadは不要である

ってことですね。

Rem
その理由を3つ説明するぞ!!

①教授には未だに保守的な人が多い

まず大きな理由がこれ。

教授陣の中には、未だに保守的な人が結構な数でいます。

僕は地方の国立大学に在籍していて、基本的に講義は30人〜100人規模が多いのですが

少人数の授業はそもそもノートを取るような授業というよりも、アクティブラーニング、ディスカッションがメインだし、

大人数の授業では、教授が電子機器を授業中に触ることを基本的に嫌がるので、「携帯やタブレット端末はカバンの中にしまいなさい」といちいちアナウンスされることも少なくありません。

もちろん僕の在籍している大学が、地方の国立大学ということも大きな理由かもしれません。

都心の超大規模なマンモス校(日大とか早稲田とか)で、講義の規模が数百人を超えていて教授も学生の実態を把握しきれないような大学なら、全く問題なくiPadをノートテイキングで使えると思います。

ただ、日本の大多数の大学では講義中に電子機器を触ること自体がNGであることが多いと思いますね。

だから、大学に入学する前の新入生のうちからiPadを買うというのはあまりオススメできないです。
最低でも大学の実態が分かってからにした方が無難ですね。

②iPadだけだとレポート提出等で不便に感じることも・・・

大学のレポート提出は基本的にMicrosoft社が出しているword形式での提出が基本です。

iPadにも一応MicrosoftのWordやExcelはありますが、未だにwindows版との互換性は100%であるとは言い切れません。

せっかく綺麗に仕上げたレポートやプレゼンも、教授のパソコンで見たり、windowsで動かしたりすると段落が揃ってなかったり、最悪文字化けもします。(最近は少なくなりましたが・・・)

かと行って、別でノートパソコンを用意するにはiPadの値段にさらに10万円ほど必要になるので、負担はかなり大きくなりますね。

だったら最初からノートパソコンだけでよくねってなります。

だって、iPadにはUSBポートありませんから。学生間でのデータのやりとりも一手間かかることになりますね。

ノートを取るためだけにiPadを買っても、他の場面で不自由や不便を感じてしまうことがあるんです。なぜならなんだかんだ言っても、まだwindows主流の社会なので。

だったら、無理してiPadを買う必要もありませんよね?

③管理できるなら紙媒体ノートの方が圧倒的に便利

んー、まあこれは個人の問題にはなるんですけど

Rem
なんだかんだ紙媒体の方がノートは取りやすい(確信)

これに尽きますね。

シャーペンに、ボールペン、蛍光ペンやマーカーなど、今思いつくだけで4種類のペンが使えます。あとこれに色を加えればかなりの種類から選ぶことができることになりますね。

他にも、大小様々な付箋もペタペタ貼れますしね。ちょっとした情報を書き加えるなら圧倒的に紙媒体の方が書きやすい。

まず、そもそも講義のレジュメが紙で配られるので、レジュメに情報を書き加えることを加味すれば必然的に筆箱は常に携帯してるはずなんです。

なのになぜApple PencilとiPadをプラスで持ち歩く必要があるのか僕にはサッパリ理解できないです。

まだ紙媒体持ち歩いてるの?ってドヤ顔するiPad愛用大学生もいますが、そういう人たちも絶対普通の筆箱持ち歩いてるし、紙のレジュメをもらってますからね。

そのレジュメをわざわざiPadに取り込んでデジタル化してるなんてこと考えると、そこまでする?と思います。iPadの値段が安ければ問題ないけどさ。

大学生にiPadは不要だと思う理由
  • 授業中にタブレット端末を使うことを嫌う教授が多い
    →他人の目を気にしないならどうぞ勝手にって感じですが、講義の評価に響く可能性も加味すると無理に講義中にiPadを使うことはどうなんだろう
  • Windowsとの互換性で不安がある
    →無理してiPadでレポートをやらなくても最初からノートパソコンでやれば良くない・・・?
  • なんだかんだ紙媒体が良い
    →個人の好みによるけど、ノートの方がまだ便利です。レジュメも紙だし。
スポンサーリンク

iPad=カッコイイみたいな浅はかな考えで購入するのはやめた方が良い

ちょっとこの記事の話題に関しては否定的でネガティブな立場にたった意見になってしまいましたが、極論はやりたいやつはやれば良いと思います。

それに対してケチをつける気なんて毛頭ありませんし。

ただ、ここ最近の「iPadでノートを取るのが最先端だ」と言わんばかりの都会の大学生の風潮に乗ってしまう学生って多いんですよね。

そして結局そのiPad、もっと広げていうならEdtechの良さを最大限まで活かしきれない人が多いったらありゃしない

僕がこの記事で言いたいのは、ちょっと立ち止まって冷静に考えてみてよってことです。

Rem
大学でタブレット端末を使うのが当たり前の時代になるのはまだまだ先かな。僕ら世代が教授になり始める、最低でも20年後ってところでしょうか・・・