元防衛大学校学生が語る、実際に見たり経験した防大内の指導という名の後輩いびり(いじめ)について

防衛大学校

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

当ブログで何度か防衛大学校のことは記事にしてきましたが、

偏差値は高くない!防衛大学校合格のためにやるべきこと

2017年4月18日

そのほとんどが防衛大学に合格するためのコツや、自衛隊について良く書いたものばかりでした。

てか、良く考えてみると

Rem
このブログで防衛大学校内部の実情について全く触れてなくね!?!?!?

ってことに気づきました。まあ、それはとあるニュースがきっかけなんですけどね。

基本的に防衛大学校内部のことは守秘義務みたいな感じで他言無用ってのが暗黙のルールなんですよね。だから防衛大って謎に包まれている感があるわけです。

今日はそんな守秘義務なんて知らんこっちゃないってことで、僕が経験したり見たりした防衛大学校での後輩いびりについて紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

「防衛大 過半数が下級生いびり」という内部では当たり前すぎるニュースが出る

まあゆーて僕は数ヶ月しか防衛大に在籍していないんですけど、後輩いびりって当たり前なんですよね。内部の人間からすれば。
今回また改めてニュースになっている事件は、僕がちょうど入学してすぐにニュースになっていた事件です。まだ続いていたのかこの裁判って感じですけど・・・

防衛大学校(神奈川県横須賀市)の学生だった福岡県の男性(23)が在校時に上級生らから暴行された事件を受け、防衛大が実施したいじめや学生間指導に関するアンケートの内容が判明した。当時の4年生の過半数が「粗相ポイント制」と呼ばれる激しい下級生いびりをしたことがあると回答していた。

(途中略)

弁護団によると、「粗相ポイント制」は下級生が不手際をした際に加算される「ポイント」を清算するという趣旨で行われていた。体毛に火を付ける▽カップ麺をお湯なしで食べる▽風俗店に行って撮影――などを強いていたという。

引用:Yahoo!ニュース

この際だからはっきり言わせてください。

こんなの防衛大内部の学生ならみんな知ってるし経験しているし、当たり前だっつーの。

てか、世間の皆さんも薄々気づいていたのでは??と思うくらい、このニュースが世の中に出てたくさんの人が騒ぎ立てているのが驚きです。

防衛大を目指してこのブログにきてくれている高校生には厳しいことをいうかも知れませんが、防衛大に入る前にこういうクソみたいな実情があるということはしておいた方がいいです。マジで。

僕は知っていて入学したので、基本的には耐えることができましたが、防衛大はもちろん皆が皆第一志望で入学した学生ではありませんので、そういう学生は「指導という名のいじめ」には結構辟易していましたけどね・・・

もちろん、僕は「指導という名のいじめ」には断固反対ですよ。

あんなの何も生みませんし、生産性全く0です。強いて言うなら幹部自衛官に全く向かない人間を省くことができるという点だけは意味のあることかも知れません。

とは言っても、僕はこのご時世、軍は体育会気質である必要はないと思っているので防衛大内部にいた時は意味不明でした。
「なんでコイツは、しょーもねーことで怒ってんだ??」「はいはいストレス発散ね」みたいな感じで流していました。笑

そしてこの後輩いびりのクソ伝統のタチが悪いところは、いびりをやってる張本人たちが悪いと微塵も思っていない点でしょうね。

回答結果をまとめた文書によると、粗相ポイント制を「やったことがある」と答えたのは、最上級生の4年生の57%。一方で「やられた」と回答したのは学年別に26~52%だった。行為への認識を聞く設問では「許されない」との回答は0~1%にとどまった。

引用:Yahoo!ニュース

はい、防衛大の学生、悪いと全く思っていません!!!こりゃダメだ!

自分もやられたことあるし、やっていいだろみたいな感じで、いびりを合理化しているんですよねきっと。それも「自衛官になるにはこういういびり経験が必要だ」とか「肉体面、精神面を鍛えるには必要だ」とかしょうもない理由をこじつけてね

まあ、その理由を真っ向から否定するつもりはありませんが、そんなの定期訓練の時にでもやればいいじゃねえかってなりますよね。ただの日常生活の中で、それもいじめやいびりという形で指導をする必要性が僕は全くわかりません。

お母さんからいじめはしたらダメって習わなかったのかなあ?(煽り)

まあ、防衛大内部へのdisりはこれくらいでやめておきます。内部の学生からのしょうもない反論が目に見えているので。これをみている内部の学生は、お母さんから教わったことをもう一回思い出してみような!

では、前置きがクソ長くなりましたが、今日は実際に僕が見たり、経験した後輩いびりをランキング形式で紹介していきます。

僕は見た!経験した!理不尽すぎる後輩いびりベスト3

第3位:ベッドメイキングが汚くてベッドが裏返される+強烈な肩パン

見事第3位にランクインしたのは、ベッドメイキングでの指導です。おそらくこれは、全員が経験することなのでは??

毛布のたたみ方が1cmでもずれていればこの対象です。クソ眠い上に、時間のない朝にキッチリ綺麗にベッドメイキングできなければ先輩からベッドが荒らされて、そのあとお仕置きが待っています。

朝ごはんから帰ってくるとびっくり!!ベッドが綺麗にひっくり返っているではありませんか!!

そして指導では「国からの有難い貸与品を雑に扱うとは何事だ!」と言われます。

ベッドをまるっきりひっくり返すような、国からの有難い貸与品を雑に扱っているのはどちら様でしょうか??

第2位:アイロンがけでシワが一つでもあれば正座、場合によっては肩パンされながら説教

中にはいるんですよね、制服のシワ見つけ職人が。

お前そんなことに命と時間費やして幸せなの??ってくらいジロジロ見てくる奴がいるんですよね。僕には理解不能でした。もちろん、アイロンがけの大切さはわかりますよ。

これも例に漏れずに、国からの有難い貸与品ですから。きちんとアイロンがけして、少しでも長く利用できるようにするのが当たり前っしょ!!!!

ですが、タチの悪い先輩は正座をさせます。勘の良いあなたならもう分かるはずです。

正座したらもっとシワつくだろ!!アホか!!

第1位:理由のない指導という名のいびり

僕の小隊には、Kくんというのび太のような先輩が一人いました。何をやっても不器用なので、まあ怒られるのは分かるんですが・・・

その指導がエスカレートしてついつい理由もなくいびられる始末。その人は留年などもしていたので

お前は生きている価値がない」「さっさと辞めろ」「いつ辞めるの??」などと精神的に攻撃されたり、もちろんわざとぶつかられたりしていました。見ているこっちが悲しくなるようなやつです。

K君も逆らえない正確なのでいつもヘラヘラして「すいません、ヘヘっ」みたいな感じでした。同じ小隊内での出来事だったので、非常に胸糞悪かったです。

と、こんな感じで僕は防衛大内部での指導については全く意味がわからなかったので、もともと自衛官には向いていなかったのかも知れませんなあ・・・

スポンサーリンク

防衛大志望の学生はこれを身に付けろ!!

それでも防衛大志望の学生はいるはずです。

僕が言えることはこれだけ

とにかく何を言われても気にしないスキルを磨いておけ!!

それだけで最初の辛い2年間は乗り切れるはず!!!!!

防衛大にはこんな言葉があります。

一年はゴミ、二年は奴隷、三年は人間、四年は神

とにかく最初の二年は、指導は仕方がない!あれは絶対なくならない気がする!だったそれを無視して気にしなければいいだけ!

僕はそう気づいて指導されても頭の中では別のこと考えたりしていました。まあ結局病気で退学になっちゃったんですけどね笑

防衛大学校に興味のある学生の方へ

防衛大学校入試対策は進んでいますか???

  • どうやって対策すればいいか見通しがつかない
  • どの教科から手をつければ良いか分からない
  • 予備校や塾には通うべきなのか?

このような不安があると思います。

防衛大学校理工学部に一般入試で正規合格をした僕が、どのように勉強して合格を掴み取ったかを、渾身込めて記事にしています。

是非参考にしてください。

僕が防衛大学校に合格した勉強法をまとめてみた【基礎・二次面接編】

2017年12月5日