iPhoneのバッテリー交換で製造時の問題が見つかってLINEのデータが消し飛んだ話【アカウント引き継ぎ設定】

ガジェット

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

全国のiPhoneユーザーのみなさんのこんにちは。快適なiPhoneライフを送っていますか???
僕は三年ほど前からiPhone6sを使用しているのですが、どうもバッテリーの減りが早く、そろそろバッテリーの交換かなーと思い先日iPhoneのバッテリー交換をしてきました。

スポンサーリンク

iPhoneのバッテリー交換をするなら2018年中に!!

みなさん覚えているか覚えていないかはわかりませんが、昨年にこんなニュースがありました。

簡単に要約すると、iPhoneのバッテリーの経年劣化によってiPhoneのパフォーマンスが落ちるようにプログラムされているということです。

急にiPhoneが重くなって動かなくなったとか、画面が急に落ちるような現象が頻繁に起こるようなら、バッテリーを交換もしくは新しいiPhoneを買ってくれとAppleが暗に洗脳しようとしてるのかもしれませんね。

こういう問題が発覚して、AppleはiPhoneのバッテリーの交換を2018年中は、3,240円で行ってくれるようにしたんですよね。だからバッテリー交換は2018年中が良いんです。

だって、新しいiPhoneを買うためには、10万円以上の大金が必要になってきます。それをバッテリー交換するだけで今のiPhoneをより長く利用できるんですから、3,240円出してバッテリー交換したほうがマシです。

バッテリーを無償で交換してくれるケース

Appleケアーに入っていて、かつバッテリーの寿命が80%以下だと無償交換の対象らしいです。そこは人それぞれですので今回の記事ではあまり触れません。

iPhoneのバッテリー劣化を確認する方法

バッテリー交換をしてもらう前に、一応バッテリーの劣化がどれくらいかを確認しておきましょう。確認方法はとても簡単です。今回の方法は、iOS11.3以降のiPhoneが対象です。

①まず設定を開き、”バッテリー”を選択します。

②バッテリーの状態をクリックします

③最大容量を確認します。だいたい80%が交換の目安ですが、それ以上でも今年度中は3240円で交換できるのでやったほうがマシです。

Apple Storeもしくは、Apple正規サービスプロバイダ(カメラのキタムラ等)でバッテリー交換をしてもらおう

iPhoneのバッテリー交換は、大都市にあるApple Storeか、地方都市だとApple正規サービスプロバイダで交換してもらいます。特に地方都市は規模が小さいので、なるべく予約をしておきましょう。お近くの正規プロバイダはこちらからお探しください。

ここで、注意なのですが、バッテリー交換に行く前にiPhoneのバックアップを必ずとっておくこと!!!でないと、門前払いをくらい、バックアップをとってもう一度行く必要になります。
二度手間にならないためにも、必ずバックアップはとってからバッテリー交換にいきましょう

バッテリー交換の受付をすませば、20分もあれば交換は終了します。

普通はここまでスムーズに行くんだけど、僕はそうは行かなかったんですよねえ・・・・

スポンサーリンク

バッテリー交換の過程で、iPhone製造時の問題が発覚

バッテリー交換をしてもらっている最中に、とある重大な問題が発覚しました・・・

それはなんと、製造時にバッテリーを固定するテープが本来つけてはいけない場所につけていた、というものでした。そのせいでそのテープが溶けて、サイレントモードにする回路がやられてしまい、そのテープを剥がすことでサイレントモードにできなくなっちゃいました・・・笑

Appleといえど、製造は中国ですから、やっぱり雑なんだなーと違う意味で関心しましたが笑

それはともかく、僕のバッテリー交換を請け負ってくれた担当の方が優しい方で、Appleの上席と話をつけてくれて、保証の2年間がすぎているけど今回は特別に本体ごと無償交換してくれました・・・!

やったね!!と思い、本体交換をしてバックアップから復元すると・・・

LINEが消えてしまったんです。正確には、LINEを復元できなかったんですよね笑

理由は簡単、今回の本体交換が機種変更に値するのでLINE側で機種変更用のバックアップをとっていなかったんですよね。LINEで全て連絡するこのご時世、iPhoneを修理に出す場合、必ずLINEのアカウント引き継ぎ設定は行っておきましょうね!!泣

良ければtwitterのフォローをお願いします!!