ノーベル平和賞に反核活動家が選ばれたことについて被爆3世の僕が思うこと

意見

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

先日、ノーベル賞の発表があり、

2017年のノーベル平和賞に、日本人のサーロー節子さんが選ばれましたね。

おめでとうございます。

スポンサーリンク

僕自身原爆に関係がない訳ではない

今回ノーベル平和賞を受賞したサーロー節子さんは、実際に被爆された被爆者みたいですね

サーロさんの経歴についてwikipediaに軽くまとめられていました。

サーロー節子さんの経歴

広島女学院(現広島女学院中学校・高等学校)に進学、のち学徒勤労動員され大日本帝国陸軍第2総軍司令部で暗号解読作業の訓練を受けた。正規の暗号解読助手になって最初の日である1945年8月6日、広島市への原子爆弾投下により爆心地から1.8㎞離れた同司令部で被爆、建物の下敷きになったが九死に一生を得た。このとき8人の親族や多くの同窓生を失った。

参考:Wikipedia

実はですね、僕も広島市出身で、

僕のおじいちゃんは、原爆が落とされた当時、広島駅の地下にいた被爆者です。

おばあちゃんは、三原というところにいたので被爆はしていませんが、キノコ雲は見たと言っています

つまり僕は被爆3世ということになるんですよ。あんまり公言していませんが。

そのせいか僕の母、僕、妹は甲状腺の病気を患ってます。関係あるかは知りませんけど。

今日は、被爆3世としての立場、22年間生きてきた一人の大人としての視点で今回のノーベル平和賞について思うことを述べます。

核兵器=絶対悪であるべきだとは思う

サーローさんの演説を聞いていると、

かつて広島でおじいちゃん世代の人たちから聞いた原爆の悲惨さを思い出していました。

幽霊のような人影が行列をつくり、足を引きずりながら通り過ぎていきました。人々は異様なまでに傷を負っていました。血を流し、やけどを負い、黒く焦げて、腫れ上がっていました。体の一部を失っていました。肉と皮膚が骨からぶら下がっていました。飛び出た眼球を手に受け止めている人もいました。おなかが裂けて開き、腸が外に垂れ下がっている人もいました。人間の肉体が焼けた時の嫌な悪臭が立ち込めていました。

引用:東京新聞

(本当は東京新聞みたいな新聞からは引用したくなかったんですが、まあここしかなかったので)

悲惨ですよね。

このような悲惨で非人道的な出来事は二度と起こしてはいけないのは事実です。

誰だってこんな悲惨な死に方なんてしたくないでしょう。

スポンサーリンク

それでも僕は核兵器=必要悪だと思う

少し過激な見出しですが、今日僕が言いたいことの一つはこれです。

僕のおばあちゃんや両親から言われたことと、サーローさんの主張の決定的な違いは

「核兵器をなくす」のか「核兵器を使わない」

です。

サーローさんは完全に前者ですよね。

「核兵器は悪い!悲惨だから無くすべき!」

という意見は、現代では全く無意味だし実現不可能だと思います。

てか、こんな論理性皆無で時代背景をガン無視した理論でよくノーベル平和賞取れましたね。

(まあノーベル平和賞は毎回疑問なので不思議には思いませんが・・・)

核兵器根絶は戦後直後なら自然な主張だったと思う。

サーローさんの主張は戦後直後間もない頃だったら非常に筋の通った主張だったと僕は思いますよ。

実際に広島、長崎に原爆が落とされ、その悲惨さがまだ真新しい時代には。

しかし、サーローさんの演説の中にもありますが、

しかし、広島と長崎(への原爆投下)を残虐行為、戦争犯罪と見なすことをなお拒絶する人たちもいたのです。「正義の戦争」を終わらせた「良い爆弾」だったとするプロパガンダを受け入れたわけです。こうした作り話が破滅的な核軍拡競争をもたらしました。今日に至るまで核軍拡競争は続いています。

引用:東京新聞

残念ながら、核廃絶どころか核軍拡に世界は向かっていった訳です。

これは曲げようのない事実であるし、昔の大国はアホだなあと思いますよ。

その結果、アメリカを筆頭とする世界の大国は何千、何百という核兵器を所持してしまう結果になったんです。

資本主義と社会主義の対立がまだ終わっていなかった時代背景を考えると核廃絶なんて到底無理だったのではとさえ思えてきます。

世界中に考えられないほど存在する核兵器を全てなくすなんてできるんでしょうか。

無くそうとすることに意味があるとは思いますよ。

だから僕はサーローさんの活動自体には一人の被爆関連者として応援したいと思いますし。

最強の兵器を手放すと思いますか??

核兵器が開発されて約80年ほど経ちますが、

未だに核兵器は最強の兵器なんですよ。

それをアメリカやロシア、中国といった超大国が手放す訳ないでしょう。

アメリカだけが核兵器を廃絶する方向性になっても、ロシアと中国は絶対に核兵器廃絶はしないと考えるのが筋です。

だってどちらもアメリカを敵対視してるんだから。

それは中国やロシアにとってアメリカを出し抜く千載一遇のチャンス。

みなさん小学校の時を思い出してみてくださいよ。

何か物珍しいゲームやカードを持っている子って人気者で、クラス内のカーストでトップに君臨していましたよね?

彼らと同等になりたいから、みんな少し遅れてそのゲームやカードを買う。

こんなの、今思うと、しょうもない追っかけっこだと思うかもしませんが

人類の長い歴史において、国同士の競争っていうのは

小学生レベルのしょうもない追っかけっこなんですよ。

しかもそれは不可逆で、「俺もこれ捨てるから、お前も捨てろ」なんてこと一度たりともありましたっけ??

僕は世界史はあまり勉強していないので詳しくは知りませんが。

つまり、「核兵器を超える兵器が現れない限り、核廃絶は進まない」

というのが僕の考えなんです。

※ここまできて僕の考えに賛成の人、反対の人もいると思います。不快な方はブラウザバックしてもらっても構いませんからね。

スポンサーリンク

核兵器廃絶してどうなるの???

僕が一番言いたいのはこれなんですよね。

核兵器開発から実際に核兵器が使用されたのが1945年。

そして現在2017年年末ですが、この70年間大国同士の大きな戦争は起きていません

もちろん戦争が全くなかったとは言いませんよ。

ただ、ソ連とアメリカの冷戦中に第三次世界大戦にならなかったのは核軍拡の影響があったのではないでしょうか。

つまり、核が戦争を遠ざけたとも言えるんですよ。

そして、

核兵器を大国が何千と持っている現状と、

北朝鮮のような国でも核開発ができてしまう現状を踏まえると

核兵器による抑止力は機能的であると言わざるを得ないでしょう。

それが非人道的であったとしても。

もし、現在核保有している大国が核を放棄するとしましょう。

北朝鮮も核廃絶すると思いますか???

むしろ使うのでは??だって世界最強の兵器なんですよ??

アメリカなどの大国をよく思わない国はこぞって核開発をするのでは???

つまり、核廃絶活動家が掲げる主張は

理想的すぎて、現実味に全く欠けていて、

その後に起こりうる事態や問題について全く言及なしなんです。

ハンターハンターという漫画に、原爆をモチーフにした「貧者の薔薇(ミニチュア・ローズ)」という爆弾があるんですが、その説明がいいところをついているので紹介しましょう。

http://blog.livedoor.jp/narasaki_sikari/archives/3075387.html

どうですか、「独裁小国家に好まれた」という表現。

核兵器が現在最強の兵器である事、比較的ローコストである事、技術さえあれば大量生産が可能である事を加味すれば、この兵器がなくならない事は明確ではないでしょうか。

核の傘(核の抑止力)は悪なのか

核を保有している大国だけでなく、

その同盟国までもが核の傘によって守られている現在。

日本だってそうです。

中国が日本に直接攻撃できないのは、自衛隊の存在などではなく、

一番はアメリカの核が怖いからとも考えられます。

被爆国の日本が核によって守られている。皮肉ですね。

ですが、それが現実でもあるんです。

そして70年間大きな戦争を引き起こさなかったという実績付き

「核の傘=絶対悪」という方は

是非僕に、論理的で現実的な証明をしてください。

被爆者を祖父に持つ僕は、原爆の悲惨さを普通の人より知っているつもりです。

しかし、だからこのような世界情勢で核をなくしましょうというは幼稚すぎませんか??

活動する事に意味はある、だが方向性が違う気がする

原子爆弾の悲惨さを風化させないためにも、

反原爆の活動は続けるべきだと思います

だが、その方向性を変えるべきなのではと思います。

「核を無くす」から「核を使わない」の方向性へ。

その先に核を使う必要のない世界があれば良いですね。

そもそもこの北朝鮮情勢で緊迫した中での、サーローさんのノーベル平和賞受賞。

ノーベル賞や、国連といった非現実的で責任のない採択は本当何なんでしょう。

適当に理想論を言って終わり。楽な仕事ですね。

そうやって理想だけを掲げてきた結果が、今の北朝鮮情勢である事を知っているのでしょうか。

金正日政権の時にしっかり対応していれば、変わっていたかもしれない。

これまでの歴史で、北朝鮮に対話は通用しない事は証明済みなのに。

日本も「遺憾である」だけでなくて、もっと現実味のある対応をして欲しいと願います。

何だか自分のいいたい事を書いていたら何だかとりとめのない文章になってしまいましたね。

またリライトしますが、

つまり僕がいいたいのは、良い加減ノーベル平和賞なんていうゴミはさっさと無くせ

という事です。

まあ最後に個人的な話になりますが、これが安倍政権へのプロパガンダに使われない事を祈るばかりです。まあ使われるんでしょうけど。

僕は憲法改正については安倍総理に賛成なので、改憲してから退陣してもらいたいです。

最後に

僕の意見が気持ち悪い、人でなし!と思う方もいると思います。

が、これは一個人の意見なので深くは気に留めないでください。

僕だって東京新聞から引用してしまった事が気持ち悪くても耐えているんですから。

良ければtwitterのフォローをお願いします!!