新入生必見!現役大学生が教える文系おすすめノートパソコン

ガジェット

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRemです。

私立大学、国公立大学の前期試験も終わり、そろそろ晴れて大学生になれる!という高校生が多いのではないでしょうか?

みなさん一度は耳にしたことが有ると思いますが、大学生活にノートパソコンは必須です

一度は聞いたことがあるとは思いますが、大学生の課題の一つに、レポートというものがあります。

理由は言わずもがなかもしれませんが、レポートを書くのも、パソコンを利用した方が圧倒的に手書きよりも綺麗で早いです。それに、手書き不可」の先生もいらっしゃいます

パソコンがないと、図書館のパソコンを使う羽目になり、家でレポートが書けない、時には単位を取れないこともあるんです。

Rem

今日は現在文系の大学三年生の僕が、おすすめのノートパソコンと選び方を紹介しますよ!!

スポンサーリンク

理系(特に情報系)の学生のパソコン選びは慎重に!

まず、本題に移る前に理系大学生の方向けに注意です!

僕は防衛大学校で応用物理学専攻だったので、そこまではありませんでしたが、情報系の学生は授業でパソコンを使います

情報系の学部の授業では、Windowsでしか動かないソフトを利用するなんてこともチラホラ。

専用のソフトを動かしたりする環境がないと卒論が書けないという状況にも陥りますので、情報系の学生は慎重にパソコンを選びましょう

おそらく大学が案内してくると思いますが、まあまあのスペックのパソコンを買うことになるのではないでしょうか。

スペックなOSを吟味して買う必要があるので大学の指示に従った方が良いです。

補足

今でこそ、Mac OSとWindowsの互換性が高まってきているといえども、やはり未だにWindows優位の時代は続いています。情報系の学生は、パソコン購入前に大学がどのようなスペックを求めているのかしっかり調べておきましょう。

文系の学生オススメのパソコン

さて本題に移りましょう!!

晴れて文系大学生になったみなさん!文系に必要なパソコンは機能性を求める必要はほとんどありません!

重要視すべき項目は、たったの3つです!!

  1. 持ち運びの利便性(重さ、パソコンの大きさ等)
  2. バッテリーの持ち
  3. Microsoft Office (特にWord, Power Point, Excel)が使える環境であるかどうか

これらの項目が満たされているだけでいいんです。

Rem
ね、少ないでしょ??理系とは違って、文系では重たい処理が必要な作業をすることは全くないので、これだけでいいんです^^

①利便性について

1については、大学生にとってパソコンは持ち歩くものです。

決してずっと家に負いておくようなものではないということを念頭に置いておきましょう。

暇があればパソコンを開きレポートを書いたり授業のノートをパソコンで取ったりします。そこで重いパソコンを選ぶと、荷物が重くなり負担が大きくなります。

せいぜい1~1.5Kgで抑えたいところです。

2キロを超えてしまうようなものをリュックに入れて持ち運ぶのって結構肩にきます。

しかも、リュックに入れるのはパソコンだけではありません

教科書やノート、水筒など、大学生の持ち物は結構重いものが多いんです。

だからこそ、パソコンは絶対軽いものを選ぶべしです。

そして画面の大きさも選ぶ基準です。

オススメは13インチ以内のパソコンです。

15インチだと、リュックやカバンによってはパソコンが入らないことがあります。

リュックに収納できる利便性を考えると、13インチまでが限界でしょう。

②バッテリーの持ちについて

2については、これも持ち運びと関係しています。

コンセント(電源)はどこにでもあるわけではありません

バッテリーの持ちが悪く、すぐ電源に接続する必要のあるパソコンだと、そもそも大学でパソコンが使えません><

それは絶対に避けたいですよね。

最低でも6〜8時間は稼働するパソコンを選びたいですね。

③Officeのソフトが使えること

3については、これは大学でレポートをメールで提出する際には、officeのファイルで提出が基本です。

なので互換性がないとレポートを提出しても先生がチェックできないので、単位を落とします。

繰り返しになりますが、大学生のノートパソコンの3条件はこうなります。

  1. 13インチ以内の画面で重さが1.5Kg以下のもの
  2. バッテリーが6時間以上は持つもの
  3. Officeがつかえる(インストールできるもの)

これさえ満たしていればいいんですよ^^

スポンサーリンク

オススメのパソコンは?

探せば安いノートパソコンは山ほどありますが、先ほどの3条件を満たさないとストレスが溜まります。

個人的にオススメできるパソコンはZenbookなどを始めとする、「ノートブック」になります。

オススメする理由は3つ

  1. HDDではなくSDDを使っているので処理も早く、重さも軽い(HDDとかSDDとかわからない人はわからないでいいと思います。)
  2. 持ち運びなどの利便性を念頭に作られているから
  3. とにかく薄いので荷物が重ならない

とにかく文系大学生は利便性でパソコンを選んでください

ノートブックの一番の魅力は、パソコン自体が非常に薄いということ!!

僕のパソコンは重さも約1キロ程度で、厚さも1cm程度です。

実際のノートと厚さを比べてみると、その薄さがよくわかります

そして実際に持ち歩くときにはリュックサックに入れているのですが、

全く場所をとらないので最高です。

特に女の子の場合だと、大きいバックやリュックを持つのってダサいですよね??
大きいパソコンを買ってしまうと、大学にパソコンを持って行く時に大きなバッグが必要になるんです。

オシャレなバックを使いたいと思う学生にとってノートブックは味方なんですよ^^

注意!

ただし!ネットゲーム、オンラインゲームをしたいと思っているそこの君!残念ながらノートブックのスペックではネトゲはキツイです。どうしてもネトゲがしたいなら別でデスクトップのPCを買うか、ゲーミングPCのノートパソコンを購入してください。ま、持ち運びは最悪ですが。

個人的にオススメなのはASUSです。特にZenbook。

ちなみにダイナブックの所有率も高いです。そして彼らはみんなダイナブックに満足していますね。(ちなみに管理人はこれらではないです、また後半紹介しますが)

僕はMacbook Airというまた別のノートブックを使っていますが、ZenbookはMacbookとかなり迷ったノートブックなんですよね。

これらはそれなりに高性能でストレスフリーで使え、利便性も高いです。

何しろまあまあオシャレだと思います。

価格帯別にオススメのノートブックを紹介していきますね。

①価格帯30,000円以下

 まず一つ目は、ASUSのE200HA型です!!

こちらはなんと楽天で税込26,800円と驚愕の三万円以下で買えちゃうノートブックです。

おまけに学割対象みたいなのでお得に買えちゃえそうですね。(2018年1月1日現在)

CPUというパソコンの頭脳に当たる部分はあまり強くないんですが、メモリは4GBなので普通にレポート書いたり、動画を見るくらいだったら問題なく動くはずです。

バッテリー駆動時間も約10時間、画面も11インチ、本体質量も1キロと申し分ないですね。HDMIという出力端子もあるので、プレゼンをスクリーンに映し出すことも可能です。

パソコンに特にこだわりなく、とにかく大学生として必要最低限のことができるパソコンが欲しい!という方はコレでも良いんじゃないでしょうか。

値段も安いですから。

ただ、このパソコンにはOffice(wordとかexcelとか)が標準装備されていないので、Ofiiceの別途購入もお忘れなきよう。

これは安いパソコンあるあるです。

大学によっては無料でOfficeを導入してくれるところがあるので、自分の大学がどうか確認しておくと、Ofiice付きを買う必要もないです。

うちの大学はOfficeを無料でインストールできます。

Officeを買うかたは自分でインストールしなければならないので、パソコンに詳しい人に手伝ってもらうか、自分でインストール方法を調べながらインストールしてくださいね。

インストール自体は難しくはありませんので、安心してください。

Officeが約38,000円なので、本体価格と合わせると、65,000円くらいになりますね。

それだったら以下のOffice付きでちょっと性能が上のパソコンを買っても良いかもしれませんね。

②Office付き!価格帯50,000円〜100,000円ノートパソコン

このあたりの値段になってくると、Officeが標準装備になってきます。

その中でもオススメはコレ!

楽天だとOfiiceが標準装備、Amzonだと標準装備とそうでないのが選べるみたいですが、約75,000円のやつがOffice標準装備みたいです。(2018年1月1日現在)
このパソコンのOSは悪くありません。
先ほどのよりはマシです。メモリも4GB、悪くないです。
本体質量も約1キロ、画面も13インチで良いですね。
これは色も選べるみたいなので、オシャレにパソコンを広げたい方は是非色も吟味して購入してみてください^^
値段も10万円以下で、性能もまずまず、Office付きということで、僕はとりあえずこれを一番オススメしておきます

③ちょっと背伸び!価格帯10万円以上!

一番最初にちょろっと紹介したZenbookです。

このモデルだとOffice付きで約12万円です。

このモデルの良いところは、とにかく頭が良い!

CPUというパソコンの頭脳がIntel Core i5という、上から二番目くらいの高性能CPUなんです。

なのでよっぽどのことがない限り、とても快適にパソコンを触れます。

画面がカタカタ重くなるなんてことはそうそうありません。僕のノートパソコンもi5です。

バッテリー駆動時間も12時間、質量1.3kg、薄さ1.3cm、画面13インチと申し分ありません。

おまけに、メモリ(偏差値みたいなもんです)も8GBと先ほどのまでの倍あります。

簡単にいうと、処理できる演算領域が二倍なんです。

もっとわかりやすく言うと、メモリ4GBは右手だけで作業するのに対して、メモリ8GBは両手で作業するといえば分かりやすいでしょうか。

SSDという保存できる容量も256GBなので普通に生活する程度だったら問題ないでしょう。

少しお金に余裕があって、四年間快適にパソコンを使いたい人はコレが良いでしょう。

ちなみに僕はMacbook Air 13インチ

と、これまでASUSなどのノートブックを中心にオススメしてきた管理人ですが、実はMac book Airユーザーです笑
大学に入りたての頃は、Zenbookというノートブックを利用していました

が、Apple信者になってしまったのでMacbook Airを現在は所持しています。

Macbook Airは、軽い高い利便性に加えてオシャレさを兼ね備えています。

ですがみなさんこう思いませんか?「MacbookでOfficeは稼働するの?」と。

MacbookはApple製品ですもんね。

MacbookでもOfficeは問題なく使えるぞ!!

互換性がなくて不便だと言われていたのは一昔前です。

Office for Macというものがあって、Macbookでも問題なくOfficeは使えます。そして何しろ、Windows版のOfficeとの互換性もバッチリです。

私は今まで互換性が無くて不便な思いをしたことはありません!(例えば教授のパソコンで文字化けしたりとか・・・)

なのでmacbookは普通のノートブックと比較しても何ら遜色ありません笑

安心してください。

そしてオシャレ。Macbookの所有率ってめっちゃ低いので、他の人と被らないのもいいですね。

りんごマークでドヤ顔もできます(僕はしませんが笑)

Macデビューするなら大学生のうちだぞ!!

これは声を大にして言いたいです。

何とAppleStore (ネットでも可)では、学割があります

通常価格よりも3万くらい安くなるのでオススメです。

ですがやっぱりApple製品は割高です・・・^^;
あまりお金に余裕のない方、パソコンに10万円以上費やすのがもったいないと思っている方は、Macbookではなく、先ほど紹介したノートブックの方が良いでしょう。

もし、Macbookを購入する際には、MacbookはOffice内蔵ではないので、Office for Macを購入しましょう

補足

ちなみに、MacOSとwindowsOSを比べると、MacOSに勝ち目はありません。できることは圧倒的にwindowsの方が多いです。ですが、たかが文系大学生にそれらを使いこなすなどほぼ不可能です。 

スポンサーリンク

まとめ

とにかく、「ノートブック」を買いましょう。

もう一度言います、ノートブックです。

大学生はとにかくレポートで大変です。それも四年間お世話になるのです。

どうせ4年間使うなら愛着がわく方がいいですよね。

色々検討して、コレだ!と思ったものを選んで買ってください!

それでは、良いキャンパスライフを!!