語学学校の日本人が、留学を棒に振ってしまうような全く意味のない行動をまとめてみた【EFシアトル】

アメリカ

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

もう10月も終わりですね・・・

気づけばもう渡米して一ヶ月半経つのかと思うと恐ろしく時の流れは早いと感じる今日この頃。

平日は基本的にずっと勉強しており、濃い毎日を送っているからでしょうか・・・笑

日本にいた時にいかに充実した生活を送っていなかったか身にしみますね・・・笑

さて、今日の話題ですが、「語学留学」についてです。

僕の通う某州立大学には、大手語学学校のEFのシアトル校が併設されています。巷ではEFシアトルと言うらしいです。

大学の方に在籍している僕にとって、EFの生徒たちとは全く接点もなく、関わる予定もないのですが、彼らを見て思うことがあるんですよね。

今日はそのことについて書きます。EFシアトルをディスる訳ではないです(ここ重要)。

スポンサーリンク

なんのために語学留学をするのか

留学の一つの形態として知られている語学留学。

留学の中でも成績制限も無く、必要な資金さえあれば誰でも行うことができるため、たくさんの日本人が語学留学をしています。主な目的な英語力の獲得、または向上。喜ばしいことです。

語学留学として有名なのは、アメリカやイギリス、オーストラリア、ニュージランドの英語圏やフィリピンなどが挙げられますよね。

もし、語学留学をしようと思ってこのページを見ている方がいれば、これだけは必ず守ってください。

語学留学する場所と環境は慎重に選びましょう!!!

安いからフィリピン、まあアメリカならどこでも良いか、そういった短絡的な思考で留学先を決めるとお金をドブに捨てることになりかねませんよ。

EFシアトルについて

まず、EFシアトルについて。シアトルという名前ですが、シアトルにはありません。(ここ重要)

オリンピアと言う田舎の街にあります。シアトルまでバスで3時間かかります。また、オリンピアとシアトルの直行バスもありますが、それでも1時間〜2時間はかかります。おまけに片道17ドル。

まずEFシアトルはEFオリンピアに改名しろ!!と言いたいですね。

校舎は大学構内にあるので、治安は良いと思います。

そして次。ワシントン州は西海岸と言うこともあり、アジア人の比率が高いです。つまり、EFシアトルに留学に来る学生もアジア人が多いです。日本、韓国、中国、台湾が主です。大学のカフェテリアや食堂を彼らも使うので、僕はあまり良い心地はしません。理由は後で述べます。

僕はEFの生徒ではないので、授業の質とかは知りませんが・・・

スポンサーリンク

EFシアトルの学生を見て感じる、失敗しない語学留学に必要なこと

良くも悪くも、うちの大学は小規模のリベラルアーツ大学なので、EFの学生を見かける頻度がかなりあります。てか、毎日見ます。

彼らを見てて思うこと、それを述べていきます。

それは・・・・

「同じ人種で固まりすぎ」

僕には理解できません。一年間で約300万円かかるEFシアトルへの留学。そんな大金を出して留学しているのに、同じ人種で固まるってどうなんでしょう。

同じ人種でいると落ち着くのはわかりますよ。でも、英語を身につけるために留学しているのに、どうして同じ人種で固まって母語で話すんでしょう

たまになら良いと思いますが、EFの学生は、毎日お昼ご飯の時や帰りの時に同じ人種で固まって、彼らの母語で話しています。特に日本人女子。固まりすぎ。

勿体ないです。

アジア系が多いので仕方ないとは思いますが、それでも「英語で」日常会話をすることでさらに英語は伸びると思うのですが・・・

これは何もEFシアトルに限った話ではないとは思います。同族意識の強いアジア人が集まりやすい語学学校はどこもこうなんだろうと思います。

自分の意識を高く持って生活しないとお金をドブに捨てることになるでしょう。

つまり、語学留学をする人に必要なのは、

国籍の人と積極的に英語でコミュニケーションをとる姿勢

だと思います。

EFシアトルにも、日本人と関わらずに、ラテン系の学生と関わる日本人学生がいます。そばで聞いてみると、他の日本人に比べればかなり上手だと感じます。

ていうか、僕ら大学の学生にも話しかけてくれても良いんですけどね。英語を使う機会を増やすためにも。話すくらいなら誰も嫌な顔しないと思いますけどね。

語学学校選びは難しいと思う

こういった理由から、語学留学をする時には、なるべく日本人が少ない地域に身を置くことがベストなのかなーと思います。

だから僕はアメリカ西海岸の語学学校はおすすめしません。

少し遠いけど、イギリスやアメリカ中部とかでしょうか・・・笑

金銭面や治安で語学学校を選ぶ理由もわかります。それらも重要な選定要件ですから。

ただ、何百万と言うお金を自分に投資するのに適した場所と環境も重要だと思います。

なので、語学学校のサイトで学生の国籍比などにもしっかり目を通して選ぶべきでしょう。

あ、別にEFシアトルをディスっているわけではありません

自分にストイックな人なら、EFシアトルは英語を学ぶのに素晴らしい場所だと思いますよ。

ちなみに僕はフィリピンのアンへレスと言う街で語学留学しました。

スポンサーリンク

おまけ:EFの生徒のここが嫌い

彼らは同じ人種で固まりすぎて、バスや食堂、カフェテリアで騒がしい

マナーが悪い人が多いです。

まあ、アメリカの大学生は基本的に群れないので、彼らが自然と目立ってしまうのが原因かもしれませんけど。

今日はここまで。