ワシントン州シアトルへの留学をオススメしない3つの理由

アメリカ

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

アメリカ留学を考えているそこの君!!!

ちょっと待って、留学に行く前にあなたが留学に行こうとしているところかどんなところかしっかり下調べをしておきましょうね。

今日は、僕が現在留学しているワシントン州について、「ワシントン州への留学はオススメしない」というワシントン州を盛大なディスる記事を書きたいと思います。

多分、同じくワシントン州に留学している方なら分かってくれる・・・
そう信じています(確信)

スポンサーリンク

ワシントン州・シアトルってどこ???

みなさん一度は耳にしたことがあるであろう「シアトル・マリナーズ」の本拠地です。最近だとイチロー選手が復帰すると話題のあのチームです。あ、ちなみにワシントン州のマリナーズファンは、イチローの復帰について喜ぶ反面、お金の無駄だ!と考える方が大多数です。

少し話がそれたので話を戻しますと、ワシントン州はアメリカ合衆国の北西部に位置しています。カナダとの国境です。

カナダのバンクーバーまで近いし、北西部の大都市シアトルもあります。

おまけに教育機関だと、リベラルアーツカレッジとして超有名でワシントン州で一番良い教育が受けられると評判のウィットマンカレッジ(Whitman College)ワシントン大学(University of Washington)というデカさが取り柄の有名州立大学、スポーケンに足を伸ばせばバスケで有名なゴンザガ大学(Gonzaga University)など有名大学もあります。他にも州立大学がチラホラ(Wahington state university, Evergreen state college)あり、教育面では全米トップクラスの州の一つです。

他にも経済面では、誰でも知っている超有名企業Amazonやボーイングなど、シアトルはアメリカを代表する大企業の本拠地でもあるんです。他にもスターバックス(スタバでコーヒーを飲むと中東への◯◯を支援することになるらしい)の一号店がシアトルにあったり、最近だとAmazon Goの一号店もシアトルにできました。つまりカリフォルニアやニューヨークほどではないんでしょうが、世界の最先端に触れることのできるアメリカ経済を支える州です。

日本人なら誰でも名前を知っている大都市シアトルもあって、西海岸で日本に近くて、教育面での評価も高いワシントンは、日本人のアメリカ留学先として人気ですよね。シアトルのカフェではイキっている日本人語学留学生も多く、吐き気を催すことも多々あるくらいです。

と、ポジトークはここら辺にして、僕がワシントン州(シアトル)への留学をオススメしない理由を三つご紹介しましょう。



ワシントンへの留学をオススメしない理由・3つ

ワシントンのディスりタイム始まりま〜〜〜す!!!

その①:天気が悪く雨季が長い、つまりクソ

まず一つめ!天気がクソ!

ワシントンはですね、なんと9月から4月〜5月まで雨季です!!それも非常に陰湿な雨の降りかたをします。

引用:YOUmaga.com

平均気温はそこまで低くもなく、高くもなくって感じで日本の北海道よりは寒くないらしいんです。降水量も日本より少ないんです。

しか〜〜し!!ワシントンの雨季は、州に6日くらいずっと雨なんてことがザラにあります。
日本の雨は、一気にザーーーッと降る感じですが、ワシントンはですねえ・・・

陰湿にシトシト降り続けるって感じで、非常に気分が沈みます笑

しかもシトシトの雨を極めすぎて、もはや傘をさすべきか差さなくても良いか迷うレベルのシトシトさです。ちなみにアメリカ人は傘を差さずに防水性の上着を羽織って終わりって感じです。自衛隊かよ!ってツッコミたくなるレベルです。

とにかく、天気が悪い!おまけに冬はたまに雪も降って大変です。パウダースノーならいいんですが、ベッチョベチョの雪で足元が最悪です。ワシントン州で自分で命を絶つ人の多くはカリフォルニア出身だと言われるくらいです。雨が多すぎて気分が憂鬱になります。

なので、「ポカポカお天気が好き!」「太陽の日差しが好き」って方は絶対にワシントンへの留学は辞めましょう!!!

それでも僕はワシントンが好き?①

雨ばっかりで天気の悪いワシントンですが、北部のアメリカの中ではかなり暖かい方です。インディアナに留学している友達は、雪で死にそうって言ってました。たまに晴れた時はお日様へのありがたみの気持ちも高まります。フォローになってないですね。つまりカリフォルニア最強って感じですかね、行ったことないけど。

その②:大して都会ではないのに物価が高い、つまりクソ

これはシアトルの話になりますが、シアトル都市圏の人口はだいたい60万人程です。
都市の規模でいえば、日本だと、広島、福岡、神戸、仙台程度だと思ってください。

だけどですね、アメリカ人の友達はみんなこう言います。
Amazonのせいでシアトルの物価がクソ高くなった!Amzonはクソ!これ以上物価が上がってしまったたまらん!シアトルに来ないでくれ!」と。

「Seattle is sucks!」(シアトルはクソだ!)と叫ぶ声が多いです。僕もそう思います(小並感)

簡単にいうとですね、福岡に住んでるのに東京の物価で生活するって感じでしょうか。大した都会でもないのに物価が高い。最悪です!最悪すぎます!

シアトルのアパートは25万とか普通にするらしいですよ。意味わかんないですよね。ロスやNYならまだしも、シアトルに住むのにそんな出費を出す程の価値はありません(断言)

そして人口も60万程度なので大した観光地もありません。1日あれば回りきれるレベルです。

なので、大都会じゃないのにクソ高い物価の中で生活したくない人はワシントンへの留学は辞めましょう!!

それでも僕はワシントンが好き?②

僕は広島生まれ、九州育ちの田舎っこなのでシアトルくらいのちょうどいい都会って結構好きです。物価高いけど。あと、Amazon Goもあるし、ボーイングもあって世界のお金がここに集まっていると思うと興奮します。カリフォルニア程ではないけど。つまりカリフォルニア最強ってことです。行ったことないけど。 

その③:人の多さの割に交通の便が悪い、つまりクソ

シアトルにはバスもあるし、リンクライトレールっていう路面電車や地下鉄もどきの乗り物もあるしで、まあまあ交通インフラは整っているように見えますが、そうではありません。

シアトル観光・留学に必須の交通ICカード”オルカカード”についてまとめたよ【買い方・使い方】

2017年12月28日

全てはあのAmazonのせいで、たくさんの人がシアトル近郊に集まってきてしまったのです。シアトルダウンタウンへ向かうハイウェイは常に渋滞。ダウンタウンはゴミゴミしてる。おまけにバス専用レーンもあるんで、ダウンタウン内も渋滞。

早く地下鉄整備しろよ!!と言いたくなります。

まるで通勤ラッシュ時の東京のようです。

おまけに人が集まりすぎて、犯罪率も絶賛上昇中ですよー。ロスやNYと同じくらい危険な街になる日も近いかも・・・!?!?まあこればっかりはどうしようもないですけどね笑

交通インフラが整っているところに留学したい!もしくはストレスを感じることなくまったりスローライフを送りたい人は、ワシントンへの留学は辞めましょう!!

それでも僕はワシントンが好き?③

カリフォルニア最強卍。

番外編:ホームレス多すぎ、悲しい

ホームレス多すぎるんですよ、シアトルって。セブンイレブンとかの前なんてホームレスの掃き溜めですからね。

セブンで買い物して外に出ると、もれなくホームレスが「お釣りくれ〜」「食べ物のために1ドルくれ〜」って物乞いしてきます。基本的にお金を渡したら負けですが、奴らはお金を恵んでも酒か薬を買うのでお金を渡す価値なしです(もちろん皆がそうとは限りませんが)

おまけに橋の下や、狭い裏路地なんかはホームレスがおしっこするので異臭を放っています。臭いです、マジで。

まあこのホームレスの問題は実力社会のアメリカ社会からあぶれた人たちで、悲しいことに退役軍人の方も多くいるみたいです。シアトルだけでなく、アメリカ全土の社会問題です。

スポンサーリンク

冗談抜きでワシントンはオススメしない

ちょっと冗談交じりにワシントンをディスりましたが、本当に僕はワシントンへの留学はオススメしません。それぞれの価値観がありますので、僕は留学自体は後悔していませんが、ワシントン州への留学はオススメしないだけです。

もちろん雨が好きな人だっているでしょうし、僕の記事を見て、「なんだその程度か」と思う方はぜひワシントンへお越しください。きっと楽しい生活が待っていますよ。自然は綺麗ですし。

シアトル近郊の絶景!オリンピック国立公園への観光をガチでオススメする!

2018年3月19日

もちろん、シアトルでしか学べない、シアトルだからこそ!って方もいると思います。航空力学専門の方とか特に。

ただ、ただ単純にアメリカに留学したい!って方はカリフォルニアとかに行った方が幸せになると思います。行ったことないけど。

「隣の芝は青く見える」という言葉があるように、僕がただカリフォルニアをとても魅力的に捉えてるだけで、カリフォルニアも実際クソだったりするかもしれませんが、

どうかワシントンへ留学を考えている方、ワシントンへの留学経験者の一つの声として僕の意見が少しでも参考になれば嬉しいです。

良い留学生活を送れることを祈っています!では!

良ければtwitterのフォローをお願いします!