シアトル観光・留学に必須の交通ICカード”オルカカード”についてまとめたよ【買い方・使い方】

アメリカ

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

僕は今、シアトル近郊の大学に留学中なんですが、

シアトルで移動するに当たって必須なものがあります。

その名もオルカカード!(Orca Card)

その買い方や使い方を、これからシアトルに留学する人、観光する人に向けてできるだけわかりやすく説明していきたいと思います!!

スポンサーリンク

シアトルの交通事情

シアトルはアメリカ北西部最大の都市です。ここ最近ではイチロー選手が在籍したシアトルマリナーズの本拠地としても有名ですね。

そんな日本人にとって馴染みの深いシアトルは、結構交通機関が発達しています。アメリカ=車社会と思っている方が多いとは思いますが、シアトル内ならば公共交通機関だけで移動できます。

もちろんアメリカでは、車が一番便利なのは確かです。駐在員の方は買うことができるのかもしれませんが、留学生や観光でシアトルに訪れる人にとって車を用意するのは至難の技です

Rem

一応僕はZipcarというカーシェアのアカウントも持っていますが、ぶっちゃけダウンタウン内の移動やシアトル内の移動はバスがほとんどです^^;

ですが、先ほども言った通り、シアトル内の移動は交通機関の利用だけでなんとかなるので安心してくださいね。

シアトルは、東京や大阪のような超大都市ではありません。

福岡市や広島市、仙台市がシアトルと同じ規模だと思ってください。

東京や大阪と比べ、コンパクトにまとまっているので移動はしやすいですよー^^

シアトルでよく使われる公共交通機関は、バスと路面電車とリンクライトレールと呼ばれる地下鉄です。

みなさんは日本でどのようにバスや電車に乗りますか??

基本ICカードですよね??

シアトルにも交通機関で使えるICカードがあるんです!それが今日紹介するORCA cardです!

ORCA card一枚で、バスも電車も路面電車も全て乗れちゃいます!!

ORCA cardの買い方・チャージ方法

まずは、シアトルを移動するために必須と言えるORCA cardの買い方を紹介しましょう!!

①券売機を探そう!

最初に券売機を探してください。基本的にどの駅にも券売機はあります。僕はリンクライトレールの駅でORCA cardを買いました。シアトルに到着してすぐの方は空港内のリンクライトレールの駅で買えるはずです。

The 券売機って感じなので、見つけるのに苦労はしないと思いますよ^^

②券売機を操作しよう!!

券売機の画面にタッチすると以下のような画面がでます。新しくカードを買う方はBuy a new ORCA cardを選択しください。チャージの方はその下、Reload ORCA cardを押します。

新しくカードを作る場合は、発行手数料として5ドルかかります。この5ドルはカードにチャージされないお金なので注意してくださいね^^

Rem

発行手数料に5ドル取られるので「なら現金でいいや・・・」と思った方!後でオルカカードを利用した方が良い理由も書いていますので是非そちらも読んでみてください^^

③カードにチャージする金額を決めよう!

次に、カードにチャージする金額を決めていきます。基本的に左側のAdd moneyを押してください。右側の青いボタンは今回は関係ありません。

次に、チャージしたい金額を選択します。自分の滞在期間に応じて、各々チャージする金額を決めてください。僕は毎回20か30ドルずつチャージしてます。

チャージする金額を決めたら、確認画面がでます。新規で発行する方は発行手数料の5ドルと、チャージ金額が表示されています。間違いがなければ、右側のPayボタンを押しましょう。

④支払いしよう!!

ORCA購入・チャージも終盤です。

支払い方法を選択します。現金が良い方はCashクレジットカード払いが良い方はCredit cardを押してください。

ちなみに、デビットカードは僕のは使えました。VIsaかMastercardのデビットカードなら利用できると思います。そこらへんはよくわかりません。

アメリカのお金事情

アメリカは日本のようなキャッシュ文化ではありません。ほとんどのアメリカ人がデビットカードやクレジットカードで生活しています。僕もほとんど現金は使っていません。

支払い方法を選択したら、現金かクレジットカードを挿入して支払いを完了させてORCA cardを受け手っとください。

これにて終了です。お疲れ様でした。

スポンサーリンク

現金払いで交通機関に乗るよりも、オルカカードを使った方が良い理由

もちろんですが、現金でもバスには乗れます

バスの会社や乗る時間帯によって変動がありますが、一回の乗車で2.5〜2.75ドルかかります。(シアトル内であればこの金額のみです。日本のように目的の場所によって金額が変わるということはありません。)

50セントや75セントを用意するには、わざわざお金を崩して25セント硬貨を用意する必要があるんです。

というのも、シアトルのバスには、両替機もおいていないし、お釣りもでません!!!

いちいちお金を崩すのも面倒だし、25セント、50セント損したいとも思いませんよね???おまけに、コインランドリーを利用したい方は25セント硬貨はそのために残しておきたいですね。

そして次の理由。

シアトルのバスは、90分乗り換えが無料でできるんです。乗車の際に運賃を払うと運転手から紙切れをもらえるのですが、その時間から90分(バスによっては120分)はそのチケットを運転手に見せることで運賃を払わずに乗ることができます。

ですが、ただの小さな紙切れなのでなくしてしまうことがあるんです。僕は二回なくしました。払わなくても良い2.5ドル払ってしまうこともあるんです。

Rem

乗り換えチケットの紙切れは詳しい時間が書いていないので、ズル賢いことをすることもできます。僕のアメリカ人の友人は4時間その紙切れを使ってバスに乗車していました。みなさんはそんなことしないでくださいね。バレたら怒られますよ笑

以上の理由から5ドルの発行手数料を払ってでも、オルカカードの利用をオススメします。

細かいお金を用意する必要もないし、オルカカードならカードに乗車時間が記録されるので乗り換えもスムーズに行えます

僕はこれは5ドル以上の価値はあると思います。まあシアトルの記念品にもなりますしね笑

オルカカードの使い方

最後に、オルカカードを使って交通機関を利用する方法です!!

①バス

バスは非常に簡単です。バスの乗車時(日本と同じで前方から乗車します)に、運転手の隣にある機械にかざすだけです。ピッと鳴るので、それで支払い終了です。先ほども書きましたが、ピッとした時間から90分、もしくは120分は無料でバスに乗れます。違うバスに乗ってカードをかざしても、音はなりますが残高は減りません。

注意

たまに悪いホームレスが後ろの扉から乗車して無賃乗車していますが、みなさんは真似しないように。

②電車

電車は日本と違うので最初は戸惑うと思います。

まず駅構内に入る時に、カードリーダーを探しください。

カードリーダーを発見したらそれにカードをかざします。これを乗車前までに済ませておきましょう。

駅構内にいくつかあるので、焦らなくても良いです。日本のように改札はありません

電車を降りた後、同じようにカードリーダーにカードをかざせば支払い完了です。

注意

改札もないし、カードをかざすところもいくつかあるので、無賃乗車ができると思ったそこのアナタ!!絶対に辞めましょう!!確かにバレないと思いますが、電車内でたまに抜き打ちチェックしているので、バレたら120ドルの罰金です。約48回分のお金を取られます!日本人なら絶対そんなことはしないようにしてくださいね!!(ホームレスはよくしている)

スポンサーリンク

まとめ

オルカカードで便利で快適なシアトルライフを送ってくださいね^^

ここには書きませんでしたが、オルカカードは船にも使えます

できるだけ詳しくまとめたので、シアトルを訪れる方にとって、少しでも助けになれば幸いです^^

シアトルで車に乗るなら下記記事をご覧ください

【最新版】カーシェア”Zipcar”の登録・入会のやり方まとめ【北米留学で車を運転するのに必須!?】

2018年2月13日

では!

良ければtwitterのフォローをお願いします!!