台湾は独立したいの?台湾の学生に聞いてみた

台湾

こんにちは

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRemです。

現在、台湾の某私立大学で日本語教育のインターンシップをしています。

台湾というとただ単に”優しいイメージ”を抱くことが多いと思いますが、実際「台湾とは」という質問に対して正しく答えられますか?

Rem
まあ実際学校教育現場では、台湾についてほとんど触れないし、ほとんどの人が台湾について正しく理解していないのが現状でしょうね

台湾に滞在しているうちに、台湾のことを知り、一つの疑問が湧きました。
台中の街中で見かける反中国デモ、台北にめちゃくちゃたくさんいる日本人、そして日本人だとわかるとめちゃくちゃ優しく接してくれる学生や老人。

こういう台湾を見ているうちに、「ああ、台湾って中国とはまた違った国なんだ」とわかりましたね。
台湾に行く前は、「台湾ってまあ中国とあんまり変わらないでしょ」っていう程度のイメージだったんですけどね・・・笑

実際のところ現地の人は独立したがっているのかな?」これを本当に台湾の学生に聞いてみました。

スポンサーリンク

台湾とは

1945年に当時中国大陸を本拠地とした中華民国の統治下に入り、1949年に中華民国政府が台湾に移転した。1955年以降、中華民国は台湾本島以外にも澎湖諸島、金門島、馬祖島及びその他諸島を実効支配しているが、全体の面積に占める台湾(本島)の割合は99%以上になる。そのため、中華民国の通称として「台湾」と表記される(詳細は定義参照)。近隣諸国としては、東及び北東に日本、南にフィリピンがある。事実上の首都は台北市である。大合併により成立した新北市は、台北市及びその外港である基隆市を囲む大都市圏を包含し、2016年時点では同島で人口最多の都市である。台湾の人口が増えて2千3百万人を超えたため、人口密度が1千万人以上の国では世界2位になった。

参照:wikipedia

wikipediaを見ると、こんな感じで書かれています。

うーん、よくわかりませんね。
しかもこれだけだと、台湾について10%くらいしか知ったことになりません。

台湾の友人が言うには、「台湾は国であって国でない。」とのことです。哲学みたいですよね。

簡単に説明すると、中国は台湾の属国みたいな感じです。まああれです、中国お得意の我が領土ってやつです。

国として認められているのか

そんな微妙な台湾ですが、意外と経済はしっかりしています。

人口も多い、通貨もしっかりしているのだから国として認めることもできるのではと思います。

しかし、台湾を正式に国として認めているのはたった約20国くらい。

おまけに聞いたこともないような国ばかりから承認されています

なぜ、アメリカや日本といった力のある国から認められないのか。

それは中国のご機嫌とりなのでは、と台湾人学生は肩を落としています。

スポンサーリンク

台湾とトランプ大統領の接近

最近、台湾と中国とアメリカぐるみのニュースが多いですよね。

独立色の強い蔡英文総統はトランプに近寄り、それに中国が牽制を入れる。

最近ではトランプ大統領の「一つの中国を尊重する」発言が話題ですね。

確かに今の中国の力を侮ることはできませんし、いくらトランプといえども中国を恐れているのでしょうか。

これにも台湾人学生はショックみたいです。

アメリカは台湾に武器も売っていますが・・・笑

台湾人学生に独立について質問してみた

知れば知るほど不憫な国、台湾。

中国共産党とは違う政府が実行支配しているのに関わらず、中国として扱われる台湾

現地の台湾の学生はそんな現状をどう思っているのでしょうか。

Rくんの場合

彼は台北出身の日本語学科の学生です。彼は蔡英文が好きみたいです。
しかし、独立にはあまり乗り気ではないみたいですね。

馬英九総統時代の中国に急速に接近したのは許せないみたいです。

彼の意見は、「独立できないは残念だが、中国とうまいバランスを取っていく方が平和だ。いざ中国と戦争になっても、他の国は中国のご機嫌とりしかしないよ。」と言っていました。

んー、独立には乗り気ではないですね。

Tくんの場合

彼は、僕が台湾で一番仲良くなった学生。とにかくアホです。ですが面白くていい奴で、親友です。

彼は実家が旅行店で中国人観光客のお陰でハッピーだから中国と喧嘩したくなーーーーいと言っていました。

相変わらず楽観的だなあ笑

数十人に聞いてみてのまとめ

独立したいと思っている学生は、結果から言うといませんでした。

現状で良いという学生が多いみたいです。

まあまだ彼らは学生ですし、政治に興味がないのかもしれませんね笑

スポンサーリンク

兵役に行きたくない学生が多い

今回のインタビューを通じて、今回の独立とは違った方面で面白い統計が取れました笑

それは、兵役について。

台湾には約4ヶ月の兵役があります。

台湾人学生は口を揃えてこう言います。

兵役に行きたくない!!!

なるほど、やはり戦争は嫌なんでしょう。

まとめ

独立したいと熱望している学生には残念ながら出会えませんでした。

たまに日本国内にも「台湾は独立すべきだ」と言ってる変な日本人も多く見受けられますが、実際のところ台湾国内では独立はしたいけど出来ないから現状維持がベストだと思っている人が多いです

余計なお世話なんで「台湾は独立すべき」って声を高らかにあげるのはやめような!!!

しかし、彼らの台湾(中華民国)としてのプライドは高いです。

第二外国語で習った中国語で話すと、「それは大陸(中国)の発音だ。」「それは大陸の言葉だ。」だと指摘してきます。

とは言っても、僕的には台湾と香港がめちゃくちゃ好きなので、「俺らは中国とは違うんだ!!」みたいなプライドは捨てずにいてほしいですね笑

いつになるかわかりませんが、台湾が国として認められる日が来るのを待ちたいと思います^^