TOFEL ibt3ヶ月で20点アップする方法

留学関連

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRemです。

さて、僕は2017年9月からアメリカの州立大学へ交換留学することが決まっています。

交換留学だけに限らず、海外の大学に留学しようとすると必ず必要になってくるのが、TOFELですよね。

今日はそのために僕が建てた戦略を紹介しようと思います。

 

必要なスコアって?


これは自分の留学先によって異なってくると思います。

それなりに難しいところで、100点、まあまあなところで80点、それ以外は61点とかが一般的ではないでしょうか。

今回は僕が交換留学で必要だった80点突破の方法と戦略を紹介します。

 

まずは受けてみる


TOFELの受験料はかなり高いです。(一回230ドル)しかし、一回で80を超えるとは思わないほうがいいです。

ちなみに僕が最初に受けてのは、留学を意識し出した二年の10月。

初受験のスコアは、なんと60点^^;

それからスコアの最終提出までの締め切りまで残り3ヶ月・・・

3ヶ月で20点以上あげる必要があったわけです。

 

3ヶ月って短い?長い?


正直僕はこのくらいの期間が丁度いい気がしました。なぜなら、自分を追い込むことができるからです。

そして僕自身が3ヶ月で20点以上スコアアップすることができたので、3ヶ月で戦略を立てるのが丁度いいと思います。また、結果論ですが、毎日勉強することでかなりの点数アップを期待できます。

 

目標点数


一回目のTOFELのスコアは

reading 20

listening 12

speaking 20

writing 18

の計70点でした。

僕は圧倒的にリスニングが苦手な部類の人間です。

そこで僕の立てた目標点数はコチラ

reading 22 (現状維持)

listening 18 (強化)

speaking 20 (現状維持)

writing 20 (現状維持)

の計80点です。

リーディングは日本の英語教育を受けてきた人なら、ある程度できるでしょう。問題はリスニングではないかと思います。僕はめちゃリスニングが苦手でした。ですが、リスニングは聞けば解けるんです。だから毎日英語を聞く習慣を身につけるようにしました。

 

勉強時間


僕は1日平均4時間は勉強しました。

TOFEL80点は簡単ではありません。それなりの覚悟とやる気が必要です。

listeningに1.5時間

readingに1時間

speakingに1時間

単語に0.5時間

これを毎日続けました。writingは時々やりました。型を覚えればwritingは簡単です。

なぜlisteningに重点をおいたか。それは、TOFELのスコアでは半分以上がリスニングを要するからです。スピーキングでも、リスニングをしなくてはならないし、ライティングでも1問、リスニングをします。

すなわち、リスニング力がないと、TOFELでスコアを獲得することってかなり難しいんです。

だからこそ徹底的にリスニング力を伸ばしましょう

 

使用した教材


使用した教材は二つです。

① Official Guide to the TOEFL Test With CD-ROM, 4th Edition (Official Guide to the Toefl Ibt)
② 英検準1級リスニング問題150 (英検分野別ターゲット)

つまるところ、TOFELは公式ガイドブックだけで十分です。これをやりこむことが大切です。ただし、解説も全て英語です。だからこそやる価値があると思います。

そして、なぜ英検準一級のリスニング本を使ったのかについて。TOFELは英検準一級がベースになっているような印象を受けます。そしていきなりTOFELのリスニングが僕にはきつかったからです。

まずは準一級レベルを確実に完璧に聞けるようにしようとしたんです。これは大正解だったと思います。

 

勉強方法


まずはリスニングについて。

  1. 純粋なリスニング力の向上
  2. 発音、発声(つなげて読む感じ)の確認、改善
  3. シャドーイングの徹底

これだけでいいです。とにかく何度も繰り返し繰り返し聴くことが大事であると言えます。TOFELのリスニングは毎回同じような形式です。だからこそ、一つの課題を完璧に聞き取れるまでくり返し勉強します。

 

次にリーディングについて

  1. 公式ガイドブックの問題を解きこむ
  2. 本番はPC上なので、本文に書き込まずに解く練習をする
  3. 復習の徹底

本番はパソコンで解くんです。画面上には書き込めません。だから、メモ用紙に必要な情報を書き込んで整理する練習をしておきましょう。

スピーキングとライティングは特に対策しませんでした。もしあなたが大学生なら、大学に来ている留学生と積極的に話してみましょう。まあリスニングやリーディングの勉強でこれらは自然と対策できるような気がします。(100点超えるためにはこれらも徹底的にやったほうがよさそう)

 

試験当日について


試験室入室は、早すぎないようにしましょう。ライティングセクションでリスニングをしている時に、周りがスピーキングをしている騒がしい状況になってしまいます!!!

あとは自分がしてきた勉強を信じてやるのみ!!

また後日、TOFELに関して記事を書きます!!