【独学】Fラン地方国立大学生でもTOEIC800点は取れる【勉強法】

TOEIC

どうも、トビタテ!留学JAPAN6期生のRem(@ry0_c3h7)です。

僕のような大学生のみならず、就職して社会人になってもなお今のご時世、

TOEIC、TOEIC、TOEICって感じで嫌になりますよね。

巷では、就活には600点あれば良い、600点がスタートラインと言われたり、

社会人だと700点以上で昇進に影響が出始めたり、トップ企業だと800点を求めてくる企業すらありますね

そんなほとんどの大学生が避けては通れない道、TOEIC。

僕は地方の国立大学(もちろん旧帝国大学ではありません)の学生ですが、なんと800点を取ることができました!やったね!

東京の早慶や旧帝国大学でもない地方のFラン国立大学生でもTOEIC800点は誰にでも取ることができるんです。

Rem
ちゃんと800点とってる証拠もお見せしますよ!!TOEICは難しくありません!
こんな人にオススメ!
  • 就活を考えている全ての大学生
  • 名門大学じゃないけど大手志望の学生
  • TOEICの勉強をしている社会人の方

記事もサクッと数分で読めますので是非参考にしてください^^ 

【Fラン必見】TOEICは就活で有利になるのか?Fランから大企業に内定した僕が教える。

2019年7月10日
スポンサーリンク

TOEICで800点取るのは簡単?誰にでも取れる点数です。

TOEICが990点満点であることは一度TOEICを受けたことがある学生なら誰でも知っていると思います。

TOEICが苦手だと言っている人の大半が

  1. たった一回しか流れないリスニング
  2. 何気に難しい読解問題(特にチラシとかメール)
  3. 問題の解き直しをする時間なんて全くない時間設定

と文句?のようなことを試験終わりに言っています。特に在籍している大学でIPテストを受けた時は工学部と農学部の学生がよくこんな愚痴を友達と語り合っていた記憶があります笑

僕も大学一年生の時はそういう風に思っていたころもあります。

一番最初にTOEICを受けた時は確か505点くらいだったような気が・・・笑

今思い返すと恥ずかしいですが、今では

Rem
845点とったやで(ドヤ)

※画像は公式スコアのコピーです、大学に提出するために印刷したやつなので上の方が見切れてます。すいません。

もちろんたかが845点でドヤ顔すんなよというご意見もあると思いますが、地方のFラン国立大学せいにとってTOEICで800点を取るってのは結構嬉しいことなんです。多めに見てください・・・><

でも、僕が思うに、TOEICで800点取るのは誰にだってできるものなんです。

今日は、僕がTOEIC初回受験505点から、TOEIC845点を取るまでに勉強した方法を教えたいと思います。

TOEIC800点超えのための勉強方法&戦略を紹介しよう

Rem
TOEICで800取るのは簡単だと言ったな、あれは嘘だ。

さっき、誰でも800点を取れるとは言いましたが、簡単だとは言っていません(断言)

誰にでも800点は取れると思います、でも簡単ではないだけです。
かと言って格段難しいわけでもありません。

しっかりと戦略を立てて対策をすれば800点は余裕です。

800点のコツ1:リスニング重視の戦略で。

この記事を見てくださっている大半の方が大卒以上の方だと思うので、センター試験の英語とTOEICを比較しましょう。

センター試験 TOEIC
リーディング 200点 495点
リスニング 50点 495点

この比較表を見て何か気づくことはありませんか???

みなさん当たり前のようにTOEICを受験しているかもしれませんが、TOEICはリーディングとリスニングの点数配分が全く同じ1:1です。

センター試験を思い返して見てください。
みなさんはどんなセンター英語対策をしていましたか???

  • 単語帳で単語を覚える。
  • 文法・イディオム集を見る。
  • 長文を解く。

ほとんどの方の英語の勉強法ってこんな感じだったと思います。
そりゃそうでしょ、だってセンター試験や大学の二次試験はリーディングが点数の大部分を占めるから

でもTOEICは違うんです。リーディングもリスニングも同じだけの点数があります。

つまり、これまでの受験英語でやってきたノリでTOEICの対策をしてもリスニングで点が取れないだけなんです

なのでまずは「何が何でもリスニング重視」の戦略を立てることが大事です。

Rem
1にリスニング、2にリスニング、3にリーディングくらいのノリと根性が大事やで

それと、僕がリスニング重視の戦略をオススメするのにはまた別の理由があります。

それはリスニングの難易度の方がリーディングより明らかに低いってこと。
これ割と知らない人多いです、マジで。

思い返してみて・・・

センター試験英語で、リーディングで8割(160点)取るのと、リスニングで8割(40点)取るのってどっちが簡単だった???

リスニングが絶望的にできない人でない限り、ほとんどの人がリスニングで6〜8割取る方が簡単だと思うはずです。

なぜなら、リスニングの方が簡単だからです。でも配点が低いのでみんな本気で対策しません。

でもTOEICは違います笑

そ・れ・に!!

よくTOEICを受験する人の多くが、

Rem
TOEICは時間が足りないンゴ・・・最後まで解けないンゴ・・・

と嘆いている人がいます。そりゃーリーディング難しいし問題量多いしね。

でも!リスニングはみんな同時進行で行います。解ける時間は同じなんです。

リスニングは聞くことさえできれば、「時間が足りない」なんて言い訳はなくなってしまうんです!

どうですか?リスニングがいかに大切か、点数を上げるためのカモである理由が分かったでしょうか?

リスニング重視の戦略で・・・!
  • TOEICはリスニングとリーディングの点数配分が同じ
  • TOEICはリスニングの方が簡単!
  • 同時進行だから時間切れという言葉と無縁
  • 極論、聞き取れれば解ける、それがリスニング!

800点のコツ2:使う参考書問題集は少なめで

TOEICで800点をとるために、何冊も分厚い参考書や問題集を買う必要はありません!!!

Rem
僕的には、①本番形式で解ける模試タイプの問題集、②リーディング特化型問題集、③リスニング特化型問題集、の三冊だけでいい気がするゾ

単語帳は必須ではないと思う

TOEICに出てくる単語って全然難しいものではありません。
大学受験で使用した単語帳でも全然事足りると思います。

それと僕は単語帳の購入をあまりオススメしません。

なぜなら、単語帳って見ただけで勉強した気になりますよね

だけどTOEICは単語を覚えてもそれが点数に直結しないです。理由はさっき述べたとおりリスニングが点数の半分を占めているので。聞けなきゃ意味ないです笑

それに単語帳で覚えるような単語はほとんどリスニングパートに出てきません

それでも単語は覚えたいって人には王道ですが、金フレという単語帳をオススメしておきます。

模試タイプの問題集とLとRでそれぞれ特化している参考書だけで良い

僕はマジでこれだけしか問題集持ってないです。あと金フレ。

僕がこれらの参考書を選んだ理由はただ1つ、TOEICを作っているETSが作成してる問題集だからです。

参考書や問題集を選ぶのは好みも大事だと思いますが、これらはテストを作っている会社が作った問題集だし、トレーニング集は掲載している問題数も多いです

例えばリーディング編では375問も掲載されています。

これらの参考書を使った勉強法はこんな感じ

ワイのTOEIC勉強法
  1. リスニング編とリーディング編のトレーニング集をやりこむ
    リスニング編優先
    →それぞれの問題集を最低2、3週はやる
  2. 空きコマや移動時間などの隙間時間に単語帳を見る
    →優先度は低いです
  3. 試験1週間前から、模試タイプの問題集に取り組む
    本番と同じ時間配分で

これらの参考書はabceedというアプリを使えば、マークシートを使うこともできるしアプリ内で採点もしてくれます。

abceedに対応してあるのも高ポイントです、気になるかたは是非お試しあれ!!

お金に余裕があればStudyサプリEnglishもあり

僕も1ヶ月だけ利用したんですが、StudyサプリEnglishもお金に余裕があれば取り組むと良いと思います。

1ヶ月の利用料は約3,000円と値は貼りますが、それに見合っただけのサービスは受けられます。

個人的に関先生の解説動画は、しょうもないので見る価値はないと思いますが、トレーニングできる問題数の多さと、ディクテーション機能は他の参考書、問題集ではできないです

ディクテーションをすることで、自分が本当にリスニングできているかの確認にもなりますし、何しろ単語力アップの一助になりますよ。

それと、僕がstudyサプリEnglishをオススメする理由はもう1つ。

TOEICコースで申し込むと、日常会話コースもついでに受講できるところですね。

これがTOEICのリスニングパートよりちょっと難しいくらいの難易度なので、相当リスニング力が鍛えられます。

内容理解クイズだけでなく、もちろんディクテーション機能もありますよ!

1週間無料体験もできるので、是非体験してみてはどうでしょうか。

【Fラン必見】TOEICは就活で有利になるのか?Fランから大企業に内定した僕が教える。

2019年7月10日
スポンサーリンク

TOEIC800超えのためには戦略と継続が大事!!

いかがでしたか??

Rem
別に特別なことをやってる訳ではないやろ???

そうなんです、僕は別に特別なことをして800点をとった訳ではないんです。

僕がやったのはただ、

  • 戦略(リスニング重視)を見据えて
  • 継続(毎日)問題集の浮気はせずに繰り返し練習した

だけなんです。

まあこの、戦略立てて継続することが難しかったりするんですが、地方の底辺国立大学の特別優秀な訳でもない学生でもTOEIC800点は取れちゃうんです^^

ちなみに、現在は就活が本格的に始まる3月までに900点を取れるように頑張っています!

一年の交換留学から帰ってきたので、900点は取れると思っていますがどうですかね、頑張るしかないです。

それではみなさんTOEICでいい点数取って就活で少しでも目立てるよに頑張りましょう(有利になるとは言ってない)

↓僕がTOEIC用に使用した問題集&サービスまとめ↓

スタディサプリENGLISH 月額制のオンライン予備校
圧倒的な問題量の多さ、スマホならではのどこでもリスニング対策ができる手軽さが売りです。
ディクテーション機能が個人的に◎
TOEICテスト公式問題集 全2回分の本番形式の模試が受けられる問題集。
解答解説がとても丁寧。
テスト形式に慣れるためには必須の一冊。
TOEIC Listening & Reading トレーニング リスニング編 掲載されている問題数が多いリスニング対策に特化した問題集
解説はそこまで親切ではないが、量をこなす&何度も復習をするのに役立つ。
リスニングの点を上げるためには必須。
TOEIC Listening & Reading トレーニング リーディング編 掲載問題数が多いリーディング対策に特化した問題集。
リーディングの形式に慣れて、本番で時間までに全部問題を解き終えられるようになるには必須。
リーディング対策はこれ一本